跪いて愛を問う【電子限定おまけ付き】 (ディアプラス・コミックス)

エロ漫画

跪いて愛を問う【電子限定おまけ付き】 (ディアプラス・コミックス)

跪いて愛を問う【電子限定おまけ付き】 (ディアプラス・コミックス)内容

“支配”されて、喜ぶなんて――…。「人を支配したい」Dom(ドム)と「支配されたい」Sub(サブ)、「第二の性」を持つ人が存在する世界。生活のためSub専用クラブでキャストとして働く正己は、転校生の悠生にSubだと指摘され命令(コマンド)された瞬間……!? 魂と本能で求め合うDom/Subユニバース!

跪いて愛を問う【電子限定おまけ付き】 (ディアプラス・コミックス)口コミレビュー

Dom/Subユニバースと聞いて即買いしました。Dom/SubはSMと同一されがちですが、どちらかというと精神的な繋がりを重視してるイメージです(個人感)主人公もそこから始まるので、Dom/Subとはなんぞや?とか聞いた事あるしちょっと気になる…という人におすすめです でもSM絶対むり ‍♂️という人は読まないほうがいいかも(言ってしまえば精神的SMなのでね)えっちもたくさんですがスト重なので読後の満足感も ‍♀️ ‍♀️ ‍♀️さあこれを読んでDom/Subにハマるのだ!!

山田さんの前作もかなりツボで、好きなんだが、今回も引けをとらない良さ。上手く言えないけど、愛あるSMと言うんだろうか?色々争いながらも懐いていく正己がかわいい。悠生はスパダリすぎ。もう二波乱くらい入れて続編あってもいいと思う。エロさも高。

根本的に主従関係モノや、SM、dom/subが好きなのですが、Twitterで表紙を見てやられて購入。楽しみにして、到着して、やっぱり買ってよかった!!って思いました。王道のドムサブに+の独自設定がありますが、スムーズに理解できます。絵もすっごく綺麗だし、大満足です♪

初めてこのDomとSubの世界に足を踏み入れました。こんな性の分け方があることすら知らなかった自分、なんて無知……!新しい扉を開かされてしまいました。御礼申し上げます。第二の性として容認されている一方でSが虐げられている側面もしっかり描かれています。たまたま受けの正己は攻めの悠生に守られていたけれど、守られる相手もおらずしかし抗えない欲求のためにクラブに訪れるS側の方や、それこそ、正己の母親のことを思うとやりきれない気持ちになります。クラブの店員の台詞にも現れているように、DやノーマルとしてSという存在を『下に見ている』人がやはり一定層いるんだな、と。もちろん、悠生に出会うまで正己もそんな中の1人だったわけですが。2人で過ごしていく過程の中で正己が愛を知って、性を受け入れ、己の過去を乗り越える姿が描かれています。壮大な愛を紡ぐ映画を1本見せられた気分。山田先生、どうか、続きを下さい。あとがきに書いてくださったその文字を!どうか描いてください!不条理に対して奮闘する正己をください!白衣をかっこよく着こなす悠生をください!幸せの続きを下さい!いつまでもお待ちしてます!

dom/subやSMは本の中でも日常の中でも勘違いされがち。そんな勘違いされがちなリアルな部分が描写されていてとても読みやすかったです。もちろん身体で、痛みで快楽を感じる人もいれば、精神面の支配を重視する人もいる。そんなギャップに苦しむからこそ、差別的な考えで自分を苦しめてきたからこそ、受けちゃんの運命の相手に対する顔や仕草が185239854752896325倍くらい可愛くなる。小生意気で気の強いメンズが堕ちた時の顔……良きかな……控えめに白米300杯オカワリで。

気になった方はもちろん、チラッと通りすがりのあたなも、これ絶対読むべきです!!第二の性 Dom(支配したい人)とSub(支配されたい人)のある世界。多少興味あったけどあまり惹かれる作品が今までなく手を付けてなかったのですが、この作品は評価も高いし、試し読みチラッとしたら絵もキレイだし、あとは表紙絵にそそられて衝動的にポチッと、、、。これが大当たり!!びっくりするほどの秀作でした。DomSubって何??って感じの方でも、絶対楽しめる最高の1冊です。まず、ストーリーよきです。そして、エロ。めっちゃエロいんだけどエロさより愛を感じる“尊さ”がありました。あと何箇所か泣けるシーンもあり、跪いてプロポーズするシーンでは涙腺崩壊。。BLマンガでこんなに泣いたの初めてかもです。こんなふうに優しく全てを包みこんでもらって こんなふうに愛されたなら幸せだな~と、読み終えた後の幸せの余韻もハンパない!!至極の1冊でした!!この作家さんの前作もめちゃよかった!ノノノさんの作品、これからもずっと買っちゃうかも~

跪いて愛を問う【電子限定おまけ付き】 (ディアプラス・コミックス)画像

-エロマンガ

跪いて愛を問う【電子限定おまけ付き】 (ディアプラス・コミックス)を見る

タイトルとURLをコピーしました