あせとせっけん(11) (モーニング KC)

あせとせっけん(11) (モーニング KC)

あせとせっけん(11) (モーニング KC)内容

女性に人気の化粧品&バス用品メーカー・リリアドロップに勤める、汗っかき女子・八重島麻子は、同じ会社でせっけんの商品開発を担当している超絶嗅覚の持ち主・名取香太郎と社内恋愛&同棲の末、ついにめでたく結婚! 最高の結婚式を実現するべく二人が奮闘する、幸せ度MAXの完結巻です。

あせとせっけん(11) (モーニング KC)口コミレビュー

結婚式の前日譚から式当日、そして妊娠出産を経て最後は愛娘ちゃんが石鹸をクンクンして終わる最終コマまで幸せいっぱいな最終巻でした。実体験?取材をたくさんしたのかな?とても臨場感あふれる描写のオンパレードで自分の時の事を10数年ぶり、、久々にたくさん思い出しました。温かい気持ちになれる本作品が終わっちゃうのはとても残念ですが、作者様の次回作を楽しみにしたいと思います。完走おめでとうございます&素敵な作品をありがとうございました

個人的には途中で中だるみというか「続きはもういいかなあ」と買うのをやめていた部分もありました。最終巻が出るということで一気に購入。そして最後まで読み終えると、「買ってよかった」「面白かった」と思えました。「終わりよければすべてよし」と、まさにこの言葉どおりの作品だったと思います。恋人として甘い時間を過ごすだけではない、恋人のその先、家族になっていく物語。とてもしあわせな読書時間でした。

9巻以降の展開に読んでがっかりしてましたが、ここまで付き合ったんだから最後まで見届けようと買いました。さすがに特装版までお布施をするつもりにはなれないので通常版で。いや、ちょっとは期待してたんです9巻の「あの」小学校時代のクラスメートを披露宴・・・は流石に場違いなので、二次会かに呼ばないかなって連絡先はみつきに聞けば分かるでしょそれを、できれば自分から提案できれば、完全にトラウマ克服したことになるのになってねできれば「汗子ちゃん」と言われたあの時に「この私が良いと言ってくれる人がいるんです」ってすぐ言って欲しかったけどねもしかしたら香太郎がそう提案するんじゃないかって思ってましたがま、そんな展開はありませんよねまあ一応「めでたしめでたし」なわけですけど、「結婚した王子様とお姫様はいつまでも幸せに暮らしました」で済むのはお伽噺の世界。ここからが「生活」が始まるんだけど大丈夫なんでしょうか香太郎の助けなしでも自分で子供は守れるのかとか、いろいろ考えるわけですあと、結婚式が2月末にするのが繁忙期にかかってないかとか心配してるけど3月が決算期なら経理部が忙しいのって普通は4月なんだけどなとか色々あるが、まあそんなとこまで突っ込むのは野暮というかお呼びじゃありませんよね最終巻なのでご祝儀で星1つ追加。

最初に見たのが、無料の電子書籍版。続きが気になって、1巻〜10巻までを大人買いしてしまいました。小さな幸せを積み重ねていく麻子さん、本当に可愛いかったです。11巻もすぐにダウンロードしてしまいました。まだまだ先まで見てみたいマンガでした。

あせとせっけん(11) (モーニング KC)画像

-エロマンガ

あせとせっけん(11) (モーニング KC)を見る

タイトルとURLをコピーしました