イジらないで、長瀞さん(7) (マガジンポケットコミックス)

エロマンガamazon

イジらないで、長瀞さん(7) (マガジンポケットコミックス)

イジらないで、長瀞さん(7) (マガジンポケットコミックス)内容

最恐の“Sデレ少女”、現る!!!心がザワつく、ちょっと歪なラブコメディ♪第7巻は、文化祭が終わり2人の日常が更にエスカレート!バーテンダーごっこでお酒(ノンアルコール)を飲み、グデグデになる長瀞さん(!?)に、文化祭打ち上げではフレンズらと一緒に寿司ざんまい! 更に、部長のはからいで長瀞さんとセンパイは休日に動物園デート! そこでセンパイがヤンキーに絡まれて大ピンチ…!? 寄稿小冊子付きの特装版も同時発売!!

イジらないで、長瀞さん(7) (マガジンポケットコミックス)口コミレビュー

 文化祭も終わってまた様々な日常エピソードに戻りまして、うっかり長瀞さんに抱きついてしまったり絵の指導(?)で手を取ったりタイツはかせたりとスキンシップが多くてドギマギの7巻。すし屋での長瀞さんの下ネタはさすがに生々しいし、動物園デートで写生と射精を勘違いするのはさすがにどうかと思いますが。見所は割りとかわいい私服と、タイツ回の生足か。酔った姿も…? 女の子の扱いにいかにも不慣れな先輩、そこにつけ込んで意地悪くからかうも予想外の展開に慌てる長瀞さんのドタバタなやりとりは相変わらず面白く微笑ましい。絵を通じてちょっとずつ距離が縮まる感じもあって次巻も楽しみです。  何かと裸になる部長は『ロロッロ!』にでも移籍してください(笑)  特装版は定価1188円(税込)、他の漫画家さん14名の寄稿による約30ページの小冊子付き。半数の7人が一枚絵イラスト、後が各3頁ほどのショートマンガ。きただりょうま先生のイラストは露出高めだし、他の人たちもちょっと固かったりほんわかだったり何か違う長瀞さんを楽しめるので720円分のおまけとしてはまあよいのではないかと。

単行本ベースで第47話~第53話+描き下ろしを収録。描き下ろしでは美術部長のアレな姿が拝める。一読の価値あり。本編は相も変わらずの長瀞攻め、センパイ受けのラブラブっぷりが半端ない。スキンシップの取り方、回転寿司。美術部長から貰ったチケットでの動物園デートなど、草食系センパイも本気を出せばなかなかやってくれるという「男らしさ」が、動物園篇で見ることが出来る。面白いのは完全モブキャラはセンパイの「人の顔を覚えるのが苦手」の一言で本当に顔無しに描かれている点。センパイをイジりまくる長瀞も、徐々にセンパイに惹かれつつありながら、どこか一歩引いてしまう。性的な部分に非常に奥手なのが特徴的。長瀞フレンズもほどよいトッピングで二人の関係に花を添える。ヒロイン格に至らない、巨乳美術部長が、その生真面目な性格と言行に全くそぐわない描き下ろしに、思わず目を瞑りため息が出てしまうほど、面白いので一読されたい。評価は文句なく、星5。

普通に照れたり喜んだりデレデレ。後輩にいい玩具にされていたセンパイはもういません。ただのヘタレがいるだけです。

1巻から読んでます。からかう女の子といじられる男の子のお話は、巻を重ねるごとにラブラブ感がちょっとずつ増えていく形。素直になれない女の子って、いいですよね こういう適度にいじられるのは楽しいよな そういうお話

学園祭後の話し マンネリ化しそうと思いきやそれなりに楽しめました。最後に部長 ごちそうさまでした。

美術部の先輩をこよなく愛する長瀞さん。最近ギャルがさえない男の子、男の人に恋するコミックが増えていますが、その中の一つでしょうか。長瀞さんも案外不器用なところが可愛かったりします。

イジらないで、長瀞さん(7) (マガジンポケットコミックス)画像

-エロマンガ

イジらないで、長瀞さん(7) (マガジンポケットコミックス)を見る

タイトルとURLをコピーしました