漫画家とヤクザ4【電子限定漫画付き】 漫画家とヤクザ【電子限定漫画付き】 (ラブコフレコミックス)

漫画家とヤクザ4【電子限定漫画付き】 漫画家とヤクザ【電子限定漫画付き】 (ラブコフレコミックス)

漫画家とヤクザ4【電子限定漫画付き】 漫画家とヤクザ【電子限定漫画付き】 (ラブコフレコミックス)内容

吾妻を組の若頭にしようとする動きと、それに反発する弟・龍吾が仕切る派閥とで近辺が騒がしい状態の吾妻。いっぽう累は、どこまで自分は踏み込んでいいのか、どうすればいいのか考えあぐねていた。吾妻さんの「すき」は、きっと私が思うのとは違う――。戸惑いながらも心配する累に、吾妻の家族が接触してきて!?吾妻の過去にそれぞれの家族も登場で、波乱の第四巻!描き下ろし20P以上!さらに、電子配信版でしか読めない限定漫画付き♪この作品は過去、ラブコフレvol.17~21に掲載されました。重複購入にご注意下さい。

漫画家とヤクザ4【電子限定漫画付き】 漫画家とヤクザ【電子限定漫画付き】 (ラブコフレコミックス)口コミレビュー

4巻も3巻ほどではないにしろ、相変わらず相手の気持ちが分からずにモダモダするふたりです。吾妻は累に「好き」って何度も言っているし、これでもかというくらい分かり易い態度なのですが、累の反応は薄っ!!!で、その「好き」に対して戸惑うのが本当にもどかしいです。吾妻の生い立ちと小さい頃の環境も描かれていて、かなり不遇だったので食パンの件では胸が痛くなりました。今回はそれぞれの家族が登場してちょっと進展するかと思いきや、大野と蝶子が急接近して結婚の話が進んだことでお互いに結婚に対して意識はするものの、吾妻は龍吾との跡目争いが起きそうな状態で累が巻き込まれてしまうことを考え、累は自分の立場や家族とのことで逡巡する様子が描かれています。吾妻を良く思っていなくて、累に牽制をした龍吾ですが累の人となりにすっかり毒気を抜かれたのは意外にもアッサリだなぁと思いつつホッとしました。このままうまくいってくれるといいなぁ。いかないんだろうけど(笑)

お互い相手のことが好きだと自覚した途端、相手に嫌われたくない、傷つけたくないから本音が言えない…ていう悪循環だなあと思います2人とも考え方とか、感じ方が子供っぽいような印象を受けました両思いになってからがつまらなくなったなと思うのは私だけ?次の巻がおそらく最後だけど買うか辞めるか迷うところです

試し読みで読んで、エロマンガには珍しいシンプルな絵とか過剰すぎない描写が気に入って買いました。しかし流石に飽きました。エロシーンは単調だし、心理描写もごく普通だし、背景や小道具の手抜き感も凄い。吾妻(ヤクザ)側の過去とか跡目争いとか蝶子とかに興味もてない辺り、私には向いてませんでした。主人公を薄い胸にした作者のセンスは滅茶苦茶好きでしたが…。

何年ぶりかで作って食べました、よかったね吾妻さん!!孤独がなにかも知らない狼のもとに借金がきっかけで現れた小ウサギちゃんはフレンチトーストのような甘さと美味しさで今後も狼を幸せにできるのか??続きに目が離せません~! 累ちゃんが吾妻さんを幸せにできますように☆

期待通りでした

女性用ポルノっぽいのが欲しい人には不向きだと思いますが、少女漫画の王道の、心のすれ違いや、もやもやする二人のもどかしいやり取りを楽しみたいならオススメです。結構、コメディっぽいシーンもあるので明るく読めます。是非とも、このまま、ハッピーエンドに突き進んで欲しい。

漫画家とヤクザ4【電子限定漫画付き】 漫画家とヤクザ【電子限定漫画付き】 (ラブコフレコミックス)画像

-エロマンガ

漫画家とヤクザ4【電子限定漫画付き】 漫画家とヤクザ【電子限定漫画付き】 (ラブコフレコミックス)を見る

タイトルとURLをコピーしました