化物語(6) (週刊少年マガジンコミックス)

化物語(6) (週刊少年マガジンコミックス)

化物語(6) (週刊少年マガジンコミックス)内容

西尾維新の代表作『化物語』を『エア・ギア』の大暮維人が豪華漫画化!!現代青春ノベルの金字塔を世界一の絵で! 「週刊少年マガジン」にしかできない最高最興奮の新しい”物語”阿良々木暦に突きつけられた、神原駿河との決定的な立場の違い。自らの甘さをどこまでも思い知った暦を襲ったのは、剥き出しとなった駿河の呪いのような“本音”だった……。「憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い」 西尾維新×大暮維人で贈るこれぞ新たな怪異! 怪異! 怪異! 青春は、ロックでハードな〈物語〉!

化物語(6) (週刊少年マガジンコミックス)口コミレビュー

*相変わらずの傑作原作&流麗描写。するがモンキー決着!なでこスネイク開始!阿良々木先輩のバトル無双もさることながら、今巻のほとんどは神原とのやりとりです。戦闘、決着、神社までたっぷりです。終始、魅力全開で描かれる神原は好きにならずにはいられない…。

神原との決着から始まる第6巻ですが……最初から画が凄すぎるの一言。後半からは「なでこスネイク」が始まります。前半の超絶作画のバトルシーンとは打って変わって、繰り広げられる神原駿河とのアホ会話、エロ会話。アホさも変態度合いも「するがモンキー」編からパワーアップしています。色々な面で楽しめる第6巻でした。

神原のぶっ飛んだ思考回路とてもいいと思う。しかし原作では出番が少なくなっていて寂しい

小説、アニメ化を経ての漫画化というのもあって全ての調和がとれ、1つのコンテンツとして成立しています。目で楽しめ、脳内再生でも楽しめました。

Love it. Love the story, the artstyle, and the presentation. I had them in PDF/image format but I wanted to support the production team.

するがモンキー完結、そしてなでこスネイクへ。レイニーデヴィルと吸血鬼化暦のバトルはさすが大暮先生、建物崩れんじゃねってレベルで大迫力の肉弾戦が繰り広げられます。化物語の中では屈指のバトルシーンだけどアニメではあっという間に終わってしまった分、しっかり描いてくれて嬉しい。物語シリーズの特徴である、「その話でヒロイン張った子は次の話で暦とイチャイチャする」という法則に則って、ただの変態と化した神原が暦に絡みついてくるシーンの可愛さは、筆舌に尽くしがたいレベルです。また、原作の独特な文体をうまく漫画に取り入れてるのも何気に素晴らしい。会話劇をどうテンポよく魅せるか、相当気を遣っているのでしょう。おかげで小説以上に緩急がつけられていて読んでいて楽しいです。

化物語(6) (週刊少年マガジンコミックス)画像

-エロマンガ

化物語(6) (週刊少年マガジンコミックス)を見る

タイトルとURLをコピーしました