科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌 1 (チャンピオンREDコミックス)

エロマンガamazon

科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌 1 (チャンピオンREDコミックス)

科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌 1 (チャンピオンREDコミックス)内容

主人公・栗結大輔は突如異世界にきてしまった。そこは、ケンタウロスやアラクネ、ハルピュイアなどの美少女クリーチャー娘が棲息するゲームや漫画のような世界…。だがしかし、魔法なし、チートなし、さらにはマニアックな縛りプレイetc…、微妙にリアルなところもあって…(汗)。この奇妙な世界に巻き起こる様々な問題をスマートに解決して、都合よくクリーチャー娘の嫁ゲット! 異世界で一夫多妻の充実ハーレム新生活スタート!!

科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌 1 (チャンピオンREDコミックス)口コミレビュー

興味のあった漫画の1巻が期間限定で無料だったので読んでみました。詳しい内容については他の方の感想を読んでいただくとして、まあなんといいますか、昨今の異世界転生ものに物申したいのだろうなあということと作者なりに考察したモンスターの構造なり生態なりを披露したいという承認欲求に満ちまくっているということは嫌というほどわかりました。ただ台詞ばっかなので内容が頭に入ってきません。あと絵もかなり下手でクリーチャーのビジュアルがいまいち解りませんし、エッチ行為をしているときにどういう体位なのかとかも全然わからないのも気になります。それから画風、ギャグなど全体的に90年代の感性なので今どきの漫画として読むのは辛いです。例えると、「自分に全盛期のダウンタウン松本並みの笑いのセンスが有ると思いこんでいるやたらハイテンションな初老オタクの独りよがりなトークに付き合わされている」感というか…。申し訳ありませんが、痛ましい気持ちになってしまい楽しむことが出来ませんでした。

オタクキモいとかそういう事ではなく、生理的・本能的に嫌悪を感じる描写がちょいちょいあった。作品の中でも蓮コラ紛いと言っていたり。肝心の科学的に存在しうる〜の部分は「そういう風に進化したから」って逃げ方は卑怯です。そりゃそうでしょう、そういう風に進化したんなら。内容は作者がやりたい事のごった煮で、異世界転生ものの悪いとこだけ目立った作品だと感じました

異世界に飛ばされた大学生(理学部生物学科)がクリーチャー娘を観察しながら、食料調達のために彼女らと共に武器を作るお話しです。アラクネやハルピュイアの身体調査(骨格・筋力等)、武器改良による狩猟能力向上措置などワクワクする要素満載です。アラクネと共に住み、彼女らと協力しながら狩猟を行います。この世界では、筋力・脚力・体長からして人間は無敵ではありません。武器を改良してもギリギリ勝てるかどうかの狩猟に、手に汗握る展開が待ち受けています。早く2巻が読みたいですね。

正直、表紙での期待値はゼロに等しかった。よくわからないタイトル、よくわからないデザイン、ありふれた獣っ子。これまで何度も見かけて、ずっとスルーしていたのだが。しかし、これがめちゃめちゃ大当たりだった。最初のヒロインがめっちゃキモ可愛いくて、興味を引く。さらに読み進めると、『創世のタイガ』のようなリアル系ファンタジーだということに気づく。異なる点は、イラストが可愛いことと、全体的に明るいことだろうか。面白さ、世界観のリアルさは何ら遜色がない。1巻の時点でかなり面白いし、500円台なら普通の青年コミックより安いじゃん?という気持ちでまとめ買い。普段ほぼコメディ作品しか買わない自分だったが、これが大当たり!2巻、3巻、4巻と、爆発的に面白くなっていく。様々な種族の価値観や倫理観や戦闘力が次々と明らかになり、その中で人間2人が活躍していくのが最高に面白い。エロに関しては、自分は獣趣味ではないし、『青年のエロ買うくらいなら普通にR18コミック』と思ってたけど、獣っ子達の色々な性的価値観&おっぱいが拝めるのも悪くない。これだけ色々な種族がいれば、獣が好きでなくても、一人くらいは好みのヒロインが出てくるだろう。(アラクネママは素晴らしい)そしてなんといっても、エロ抜きでも充分楽しめるリアルな世界観と明るいストーリーが最高!そんな感じで久しぶりに熱の入ったレビューになるくらい面白い作品だった。是非今後も長く続いて欲しい!

モンスター、クリーチャーと呼ばれる存在を世界が崩れない程度に現代生物学?で解釈している異界転生モノです。けっこう面白いけど、けっこうグロい。そしてエロい。クリーチャー娘でハーレムを作ろうとする主人公の営みをしっかり描かれているためです。とはいえ、グロはともかく、エロはそこまで必要だったかなぁ…ちょいエロとかは好きなんですが、けっこうガッツりというか、それ目的じゃなかったというか。ていうか、いきなり最初が蜘蛛だからなぁ…穴がなぁ…

異世界物ですがチートは知識のみ。しかも、高度な科学を使用してはいけない縛りプレイが世界の謎のルールで存在し、それでも知識と工夫で主人公がハーレムを目指すお話。銃や火薬、大砲、電気関連のテクノロジーは使えないので、工夫で主人公は最初に出会ったアラクネ娘たちとなんやかんやで地位を確立していきます。そんなに多くないですが、REDなのでHシーンがちゃんとエロいのは素晴らしい。漫画としても面白い。いろんなクリーチャー娘の登場も楽しみですが、異世界に現在の知識を活用したらどうなるか真面目に考察していく漫画です。

科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌 1 (チャンピオンREDコミックス)画像

-エロマンガ

科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌 1 (チャンピオンREDコミックス)を見る

タイトルとURLをコピーしました