王国へ続く道 奴隷剣士の成り上がり英雄譚 2 (ヒューコミックス)

エロマンガamazon

王国へ続く道 奴隷剣士の成り上がり英雄譚 2 (ヒューコミックス)

王国へ続く道 奴隷剣士の成り上がり英雄譚 2 (ヒューコミックス)内容

女を抱き、敵を屠り、あてどなく旅に出る。 いつか自分の王国を作るために――。 漢のロマンが詰まった、セックス×サクセス×ファンタジー!

王国へ続く道 奴隷剣士の成り上がり英雄譚 2 (ヒューコミックス)口コミレビュー

旅に出たエイギルが仲間や相棒(馬)と出会う第2巻。カ-ラや次々に出てくる女性キャラ達がとても魅力的に描かれており嬉しい限り。1巻と同様に戦闘シーンは迫力があり良いのですが、戦闘自体が少ないためエロ要素より戦闘を楽しみにされている方には、物足りなく感じられるかもしれません。その分エロは増量されているのでそちらを期待されている方には満足度が高いと思います。メインストーリー自体は進んでいませんが、次巻に期待しています。

1巻のときからベルセルク的な単語か見えてたので1-2巻同時買いしましたけどどちらかと言うとエンジョイ&エキサイティング的な基本頭カラっぽにして楽しむ漫画であるかと思います。正直中身についてはなんとも言い難いですが装備の選択肢や言葉の選び方などは頭のイカれた濫造転生物(最近の新シリーズの大半ココ)よりかなり優れています。英雄色をなんちゃらとありますが名前出てくる人の大半が女性で頃合いみてセックスしてる描写のバランス取れれば英雄譚としてはまぁギリありなんだと思います。ジャンルや絵柄がありならとりあえず読んでも大外れはないかと

んー。1巻読んで読続と思ったんだけど2巻を読んで、少しエロ展開が多すぎかなと…戦闘の感じは悪くないんだけど省略しすぎだろw そして出てくる女9割型ものにするというぬるハーレム展開。ただの中途半端なエロ漫画崩れになってきたぞ…(もともとそれが本筋なら俺が間違っていたわけだが)3巻見てこの路線のままなら読了だな。チート勇者となんら変わりねぇ

本家ほど濃厚でもないし、画力も落ちるが、楽に読めてまあまあエロい。ぶっちゃけ結構好き。

古臭い言い方で恐縮ですが、これこそ正に冒険活劇と言うのでしょう。はやい話が面白いと思います。全編血みどろの決闘シーンかすけべなシーンの連続ですが、キャラの振り分けがキッチリしていてブレないので、決して飽きることがありません。気がつけば一冊読み終わっていて、次への渇望を覚える、ただただ単純に面白いと思える漫画です。

戦闘シーンが少なめだが題名の名のように経験を重ねる主人公。惜しい所で次の巻に続くのはじれったい。

王国へ続く道 奴隷剣士の成り上がり英雄譚 2 (ヒューコミックス)画像

-エロマンガ

王国へ続く道 奴隷剣士の成り上がり英雄譚 2 (ヒューコミックス)を見る

タイトルとURLをコピーしました