イジらないで、長瀞さん(5) (マガジンポケットコミックス)

イジらないで、長瀞さん(5) (マガジンポケットコミックス)

イジらないで、長瀞さん(5) (マガジンポケットコミックス)内容

最恐の“Sデレ少女”、現る!!!心がザワつく、ちょっと歪なラブコメディ♪長瀞さんの手作りおかずに、センパイのエロ本探し。2人といつものフレンズで賑やかな美術室に、突如、黒髪ロングの“美術部部長”が現れた!! なにやら不穏な空気を漂わせる彼女が、センパイに告げたのは──!? 大長編の文化祭編、幕開けの第5巻!!

イジらないで、長瀞さん(5) (マガジンポケットコミックス)口コミレビュー

 相も変わらず長瀞さんとその友人三名様に翻弄される美術先輩のイジられラブコメ、今回も飲みかけジュースで間接キス、部室でエロ本探し、ストーカー対策で友人3号の偽装彼氏に…など他愛ないながらも色々楽しいエピソード。自分が先輩をからかうのは楽しそうなくせに、フレンズが先輩にちょっかい出すと真顔になる長瀞さん、その変貌が面白いのも変わらず。そして長瀞さんとフレンズが対立すると秘かに長瀞さんに味方しようとする先輩がいじらしい(笑)。 一つ心配は新キャラ、先輩の先輩、美術部長の登場。美術部員としてあまり活動していない先輩や、美術室に長瀞ギャルズがたむろしていることにお冠。ついには美術部の存亡をかけて文化祭で対決することに? 今までの作風にそぐわぬシリアスなキャラと展開が吉と出るのかちょっと不安なところ。  エロシーンというほどではないですが先輩のお弁当のエピソード、おかずを食べた長瀞ギャルズが某ソーマ状態に(笑)。そんなシーンでもちゃんと日焼け跡がある長瀞さん。

第31話~駄38話、描き下ろしおまけページが収録されているが、マンガボックス連載ペースよりもややフライングな回もあった(美術部先輩登場回など)。主人公・センパイを、メインヒロイン・長瀞、長瀞フレンズ達が美術部部室を舞台にイジりまくるという逆ハーレム状態は継続している。肝心のセンパイと長瀞の仲はフレンズ達との接触もあって一進一退。そんな少し居心地の良さを感じ始めているセンパイに、危機が到来する。黒髪ロングの巨乳で生真面目系の美術部部長・須ノ宮が登場。美術部がその体を成していないという理由から廃部をセンパイに迫る。それに反発したのは、美術部室に屯していた長瀞だった。お色気攻撃でセンパイをおちょくるも実は恥ずかしがり屋で純情な長瀞。フレンズ達のサポーター的行動の甲斐もあってぎこちないながらも、少しずつその仲は進展しているのかなと言う感じである。しかし、傍目から見て余り変化がないまま巻数は進み、ようやく変化を齎すだろう、美人美術部部長が波紋を起こす。マガジンポケットではこの部長登場回が解放されないときに単行本の発売となっている。

 少し見慣れてきた感の長瀞+フレンズと、センパイとのやり取り。変化が無い様に見えて、キョドりながら様子を窺っていた初期に比べたら、安心して見てられるレベルに成長したかなと。フレンズがちょっかいを出して、変になる長瀞さんを見て楽しむ?スタイルに変わりつつある。で、突然の部長登場!に「いたんですか?あなた。」と突っ込みたくなった(いくら名ばかりでも顔位はたまに出すべき)初?の試練にどう立ち向かうのかセンパイ。切り抜けて欲しいですね。

1巻辺りでは「ここまで酷い言い方しなくても」と思っていた長瀞さんの発言も5巻目ともなると「先輩大好き」故のものだとバレバレです。で、それは長瀞さんの友達にもバレバレで、友達に弄られる長瀞さんがとても可愛い。急に微笑ましい漫画になってきました。(安城さん、高木さん、長瀞さんの中では今や好感度No1です)

どんどん(個人的に)求めていない方向に向いてきた…。桜がちょっかいかける回も秒で終了してるし…。先輩とかシリアス要素はいらないんだけどなあ…

いつも通りに先輩は長瀞さんと長瀞フレンズにいじられますが3年生の部長が登場。この部長が長瀞さんとは違う美女。恐らく先輩はこの部長に恋心を抱いてそうです。美術部の存続が怪しくなってきており、次回なにやら一波乱が在りそうです。

イジらないで、長瀞さん(5) (マガジンポケットコミックス)画像

-エロマンガ

イジらないで、長瀞さん(5) (マガジンポケットコミックス)を見る

タイトルとURLをコピーしました