エロマンガ先生(12) 山田エルフちゃん逆転勝利の巻 (電撃文庫)

エロ漫画

エロマンガ先生(12) 山田エルフちゃん逆転勝利の巻 (電撃文庫)

エロマンガ先生(12) 山田エルフちゃん逆転勝利の巻 (電撃文庫)内容

「待たせたわね、ここで主役の登場よ!」 恋人同士になったマサムネと紗霧。そんな二人の前に、エルフが現れ宣言する。「ここでわたしが勝ったら、超面白いと思わない?」 そうしてエルフは、様々な「秘策」を披露していく。「紗霧を、超可愛くて魅力的な女の子に鍛えてあげる!」「同人誌を作って冬コミに参加するわよ!」 紗霧をさらに可愛くし、兄妹の創作者としての実力を引き上げ、さらにはとんでもない爆弾を炸裂させて、日常を大きく変動させていく。そんなある日、エルフの母親が娘を訪ねてきて……。 事態はエルフ自身も想定しない方向に転がり始める。 山田エルフの激しい恋心に振り回されるシリーズ第12巻!

エロマンガ先生(12) 山田エルフちゃん逆転勝利の巻 (電撃文庫)口コミレビュー

伏見つかささんの自虐ネタに苦笑しましたが、ネットをみて、作家が評価されることの一つの考えとしておもしろいと思ったことが書かれていました。まあメンタルそうとう強くないと無理でしょうが。あと本を読む=ファンではなく、こけおろすために読む人もいるから、全てに通じる理屈じゃないですけどね。山田エルフが逆転するためにマサムネたちと過ごす話です。いままで積み上げたからこそですが、ヒロインが選ばれ、本当なら物語の結末をむかえておしまいになるところへの延長戦をねじこんでくるような面白さがありました。逆転ホームランがまさか飛び出るのか?と。エルフがそういうキャラだから期待できるのでしょう。そしてエルフのお母さん登場など、ドタバタ劇として面白かったです。実はぶっ飛んだ発想をするのはパパ似らしいという。どんなパパだったのか少し気になります。エルフやアルミちゃんの過去に少し触れられ、それこそスピンオフで、二人の出会いの頃の物語しりたいと思います。つまらない常識にとらわれない解決もありだと思いますが、マサムネをはじめ、受け入れられない人少なからずいるでしょうね。それはそうと、作中のノーパソがノーパンに、エルフがエロフと空目してしまった・・・。

が、、、エルフの母親クズ設定すぎる表紙めっくった一頁目のフルカラーの登場人物の紹介のやつ。使い回しやめてくれ感半端ない登場しないキャラ載っけちゃうのそこw

このまま妹勝利で終わるのかと思ったら、エルフの反撃で展開がわからなくなってきましたね。さて作者さん風呂敷広げるのは良いけど最後までうまく繋げれますかね。俺妹は、最後無理やり終わらした感がありましたが、どうなりますかね。

10巻のムラマサ先輩とその仲間たちとマサムネ君とのやり取りと、今回のエルフ先生とそのご家族や幼友達とのやり取りの違いが非常に面白いですね!良いなー、どっちも大好物です!1巻前半の回収までされるとは読んでいて楽しかった♪

作品についての文句はありません。これから読むのが楽しみです。しかしこの包装の適当さにより本を傷つけて手元に届いてきたことにとても悲しく思います

エルフちゃんの行動力と魅力を強く感じた。人によって好き嫌いは出るだろうけど、私は好き。

エロマンガ先生(12) 山田エルフちゃん逆転勝利の巻 (電撃文庫)画像

-エロマンガ

エロマンガ先生(12) 山田エルフちゃん逆転勝利の巻 (電撃文庫)を見る

タイトルとURLをコピーしました