ガイシューイッショク!(3) (ビッグコミックス)

ガイシューイッショク!(3) (ビッグコミックス)

ガイシューイッショク!(3) (ビッグコミックス)内容

みちるVS広海、最強のステージへ!!人類最大の戦い【女VS男】、最強のステージ【マッサージ】へ!!!勝ったほうが言うことを聞くという条件で、週に1度、「先に感じたら負け」の触り合いゲームを行う広海とみちる。負け続けの広海が考えた次なる手段は、アロマオイルを使ったマッサージ勝負!? 「必勝」の決意と戦略(?)のもとに始まった勝負の行方は…?

ガイシューイッショク!(3) (ビッグコミックス)口コミレビュー

売れてるっぽいので読んでみました。表紙はいいセンスしてるなって思いました。でも本編は思ったほど捻りの効いたエロがないというか、今ひとつ焦らしが足りないと言うか、エロを引き立たせるための足し算引き算が出来ていないと言うか。この巻はマッサージが一冊の8割くらいを占めるんですが、ページを費やしている割には、官能が盛り上がっていく感じが伝わってこなくて、あ、こんな感じで終わり?みたいなあっさりとした結末で。同じ様なシチュエーションならアニメの偽物語の歯磨きのほうがエロかったですね。あれは捻りも効いていたし。ちょくちょく本作がお勧めに出てくるのでどんなもんだろうと思ったのですが普通のエロ漫画読んでるのとそんなに印象は違わなかったです。

10分で読み終わるほどに中身がお粗末でした。ストーリー性も全巻ほどでもないし、二人の関係も進展して欲しかった。

元々主人公2人だけで完結可能なストーリーなのだが、編集である石井さんの登場が良いスパイスになっている。ストーリーへ完全に絡む程では無く、ただその言動は2人に様々な影響を与える。有能で生真面目な編集者という描写がある一方、それだけでは無い面が時折垣間見える。本作ではアロマセラピーの女性セラピストによる、とあるアクションが彼という存在の異質さをクローズアップさせた。繰り返すが有能で生真面目な編集者なのは間違い無い。ただ時折見せる不穏な空気が、主人公2人にどう影響するのか。2人のイチャコラ振りは勿論、石井さんの言動にも不安と期待を抱いてしまう。

本当に時間の無駄だった…

1巻2巻は単発話でテンポよかったですが、3巻でさすがに同じテーマ引っ張りすぎで、その割にはパンチが欠けている気がしました。せめてもう一つ単発話でも欲しかったこれこそ担当編集さんがもっと口出すべきだったのでは?

エロくて馬鹿なことを真面目にやるとここまで笑えるんだなと知らしめさせてくれた作品。正直この方のエロ漫画はあっさりしていて抜きどころに困るが青年誌ではこんな面白い作品を読ませてくれて新たな発見がありました。馬鹿すぎて笑える。そしてかなりエロい。毎回新刊が楽しみです。

ガイシューイッショク!(3) (ビッグコミックス)画像

-エロマンガ

ガイシューイッショク!(3) (ビッグコミックス)を見る

タイトルとURLをコピーしました