異世界迷宮でハーレムを(4) (角川コミックス・エース)

異世界迷宮でハーレムを(4) (角川コミックス・エース)

異世界迷宮でハーレムを(4) (角川コミックス・エース)内容

盗賊と戦闘中にボーナス呪文を使った道夫は「魔法使い」のジョブを獲得する。勢いに乗る道夫は、迷宮では魔法を使い、宿ではロクサーヌを磨き上げたりと充実したハーレム生活を送るのだった!

異世界迷宮でハーレムを(4) (角川コミックス・エース)口コミレビュー

設定の説明マンガとか言う人もいますが違うんだよ。どういう世界かわからない主人公がそれを調べていくという所が主軸なんだよ。ファンタジー世界の冒険物語をテンポ良く見たい人には向いてないかも知れない。でも個人的には面白いよ

次の女の子まだー?というのが求めるところであってこのペースで行ったらハーレムできるのに何巻かかるのやら三巻時点でん?と思ったのにこんなの続くなら付き合いきれんですよ

異世界にいきなり放り込まれて右も左も分からない、下手をすると言葉すらも分からない状況の主人公・道夫が、たまたま手に入った金と、道夫なりに苦労して稼いだ金で、一目惚れした奴隷ロクサーヌを買い、ロクサーヌにかなり助けられながらこの世界の仕組み・常識を学び、更に試行錯誤しながら自分のパラメーターを上げ、スキルの使い方を習得していく、無双キャラでは描けない成長物語。道夫の試行錯誤があまり省略されず描かれているので物語の進行は遅めながら、成長する道夫に感情移入がしやすく、非常に面白い。自分の持つスキルの意味が分からず、試してみたら大失敗で命の危機、という危険も交えての成長なので、読んでる方もハラハラさせられる。そして何よりロクサーヌが可愛い上にかなり有能で、道夫がロクサーヌを大切にするのも当然!というところ。これを読んだ後に無双キャラの異世界物を読むと、1話か2話で大金、名声、豪邸、美少女メイド奴隷をあっという間に手に入れてて「ご都合主義にも程があるなぁ」と萎える(笑)。

今巻のレビューコメントを読ませて頂いてどのレビューも異論はないのですが敢えて作品の擁護をするならば原作者が着地点を考えていない状態で与えられた材料で何とか伏線らしきものや今後の展開の基本的な部分を解り易く書いてある巻だと思います。ロクサーヌ好きな人には楽しめるが物語の進行が遅いのは事実なのですが 敢えて 好意的にとらえれば丁寧な進行だとはいえるかと思います。只,今後もハーレム展開に進んで行っても今のペースは変わらないと思いますのでストーリー性やドラマ性重視の方には本当に合わないだろうと思います。

ゲームの仕様をじっくり確かめながら進んでいくじわじわ感が面白い。検証プレイというのだろうか、とことんゲームをやりこむ人ならわかってくれると思う。漫画化するにあたって情報がよくまとめられているし、作画も最高だし、継続して買いたいと思う。しかしこの漫画めっちゃモブの女の人がかわいいな。1巻にいたモブエルフの横乳が頭から離れん。好き。

ストーリーがRPGのプレイの詳細説明のようで、肝心のストーリーが進まない感じです。漫画なんだから原作の所々はうまく端折ってどんどん進めてほしい。(原作は読んでいませんが)

異世界迷宮でハーレムを(4) (角川コミックス・エース)画像

-エロマンガ

異世界迷宮でハーレムを(4) (角川コミックス・エース)を見る

タイトルとURLをコピーしました