ダーウィンズゲーム 20 (少年チャンピオン・コミックス)

ダーウィンズゲーム 20 (少年チャンピオン・コミックス)

ダーウィンズゲーム 20 (少年チャンピオン・コミックス)内容

捕虜として異世界へ行くことになったカナメたち。そこで出会った少女はその世界のゲームマスターだった。少女に見せられた、破局を描いたとされる古い壁画はカナメたちのいた世界によく似ていて…!?

ダーウィンズゲーム 20 (少年チャンピオン・コミックス)口コミレビュー

GANTZとハンターハンターを足したような感じの作品ですが、GANTZみたいな、エロ・グロはなく、ハンターハンターよりも、敵の狂気は弱い。マイルドでありながら、能力バトル・対怪物戦・政治的戦略は、しっかり描かれてて、面白い。保護者の立場から、小学生〜中学生にも読ませられる作風は、今後の漫画好き人口を増やすためにも、とても良いと思います。

異世界でククリを救い、王室護衛官に任命されたカナメたち。そこで、異世界を含んだ世界のなりたちの一部を教えてもらい、シギル訓練もつけてもらうことに。そして、ククリの命を狙う、ロシアの異能力者とこ対決することに。せっかく異界に渡り、修行や(ヾ(‘・ω・`)敵と戦いなったのに、わりとあっさり解決してしまったので拍子抜け。もうちょっとしっかり描いて欲しかった気持ちもあります。とはいえ、読み終わって「あれ?これわりと最近読んだ内容と差が?」と思ったけど、雑誌の連載スピード上話があまり進めないんですよね。じっくり描こうとしたら年月が足らなくなるので仕方ないか。残留組もだいぶ登場していないことになりますし。異世界にかまけてないで、元の世界の戦いをしっかり描いて欲しいですしね。作中の扉絵でのヒロインズのセクシーサービスショットや巻末の4コマ漫画が意外に良かったです。

違う時間軸の違う世界に入っただけで俄然面白くなってきただけでなく、異なる世界との争いの構図が明らかになるにつれて盛り上がってきました。いいテンポで進んでいて、名作の予感が漂ってきました。無双し始めたカナメですが、主力メンバーを置いてサポートメンバーのみでの戦いを強いられそうで苦戦の予感。また渋谷で熱いバトルとなるか楽しみです。

 初期はデスゲーム的な要素が強く出ていたが、現在はどちらかというとバトルものの様相が強く出ている本作。主人公は地味ながら便利な能力を持っており、思考を巡らせながら戦い、勝利していく割と王道寄りのストーリーと言えるだろう。 王道故に、手軽に読めてそれなりに楽しめる。「これはすごい名作を見つけたぞ」というほどの作品ではないものの、現代異能ものが好きでなんとなく新作を探している人にはとりあえずおすすめできる作品と言えそう。 注意点としては、本作は基本的にデスゲームであるため、結構グロテスクな描写が多用されている。苦手な方は避けたほうが無難かもしれない。すごくリョナリョナしているわけでもないが。

アニメを見て面白いと思ったので原作をまとめ買いしました。正直、アニメの後の展開は私個人の想像と違う方向に展開し、ガッカリ?しそうになった部分はありました。想像を超えた展開や話の展開の巧みさ、魅力的な新キャラと作り込まれた世界観、張り巡らされた伏線。世界の核心的なところにも徐々に迫り、読者の心を駆り立て、ページをめくる手を止めることができないそんな物語構成の巧さを感じました。結論、アニメなどから興味を持ったら是非お手に取ってみてください。

話はいいんですが、急にデッサンが崩れ、全体的に白っぽくなっている気がするのが残念。酷すぎてストーリー頭に入ってこない直ってほしい!

ダーウィンズゲーム 20 (少年チャンピオン・コミックス)画像

-エロマンガ

ダーウィンズゲーム 20 (少年チャンピオン・コミックス)を見る

タイトルとURLをコピーしました