月にむら雲、花にあらし【ペーパー付】【電子限定ペーパー付】 (arca comics)

月にむら雲、花にあらし【ペーパー付】【電子限定ペーパー付】 (arca comics)

月にむら雲、花にあらし【ペーパー付】【電子限定ペーパー付】 (arca comics)内容

「お前いいかげん、俺と付き合えよ」 出会いは美大、以来十二年の付き合いの三木と鶴間。 無二の親友…のはずなのだが、この十年何度も鶴間から愛の告白を受けてきた。 その度にのらりくらりと躱してきた三木だが、日本画家になった鶴間からの十度目の告白も受け流すと、とうとう「俺を友達だと思ってるならもう会わない」と突き放されて…。 親友のままならずっと側に居られる、じゃあ恋人になったら? 超一途なイケメン画家×京都弁の天然お坊ちゃん、三十路男達のはんなり十年愛。 おまけペーパー&電子限定おまけペーパー付!

月にむら雲、花にあらし【ペーパー付】【電子限定ペーパー付】 (arca comics)口コミレビュー

画家の鶴間くんと、彼の絵が大好きな三木くんの関係が一穂ミチ先生の「アンティミテ」を、連想しました。こちらは同い年で、三木くんが鶴間くんの告白を10年も保留にしていて、鶴間くん生殺し(^_^)もう、いい、と、拒絶されてやっとこ彼の本気をじっくり考えさせられた三木くんですが・・・。それほどドラマチックなことは、無いんですがふたりのやり取りやお祖母さまのキャラやらが、じんわり染みて後味が良いです。

いろんな面白さ・味わいがある作品。お勧めです!

日本画家と京都のボンボンのはんなり10年越し愛、というシチュエーションがなにやら雅な感じで読みましたが… 想像以上に素晴らしかったです。『話せば長いふたりの話』など、日常BLの金字塔的ストーリーが多いこめり先生の作品ですが、これはまた違う世界観というか、そこはかとなく漂う上品さが美しい。学生の頃から愛を告白し続ける鶴間といずれ別れてしまう関係にしたくないばかりに10年もはぐらかし続ける三木の、寄せては返す波のようなもどかしい距離感、突き放されて初めて味わう喪失感、いざ受け入れたものの10年分の鶴間の思いに漠然としか向き合わなかった三木が唐突に目の当たりにして戸惑う、鶴間という男の魅力…そういった心の揺れが丁寧にリアルに描かれていて、そこも引き込まれるポイントです。しばらくこの世界観にどっぷりはまっていたい…

以前チラッと目にして読みたいなと思ってたので、嬉しかったです。ずっと告白してもなあなあにされて10年親友でいるのキツそうだと思いましたが、本人達はそんなに深刻な感じではないのが良かったです。育った環境や才能の差など、大変なドラマになりそうなところをお互いの寛容さで当たり前に受け入れて、それが絵柄とマッチしていて読みやすいと思いました。この作者さんを見つけたらまた読みたいです。

一途なイケメン画家×京都弁の天然坊っちゃん。10年何度も告白しても流されてたのに結婚ちらつかせた途端OKか~!!わちゃわちゃしててロマンチストというよりは日常系のBL。相手画家だから自分の絵を何枚も何枚も何枚も描かれているというのは愛の告白としてはかなり雄弁。「何回も見たことあるだろ?」「そんなMAXなん知らんわ!」熟年夫婦感はありつつもまだラブラブ。おもろいなー。「ほんと不思議だな。お前といると何でも上手くいく気がするよ。」友情と恋愛の境目の無い人たち…婆ちゃん素敵。

他作品の「話せば長い〜」がよくて、アンリミテッドで読めたので、気軽に手を出したら、夢中。やる事たくさんあったし、気付いたら深夜。なんも後悔してないwこめりさんの作品、安心して読めるから好き。はあー。オススメ出来るほどの語彙力は無いけど、アンリミテッドの人は絶対読んで欲しい。アンリミテッドって作者に何か還元されるのかな?まあ、見て!って感じです。

月にむら雲、花にあらし【ペーパー付】【電子限定ペーパー付】 (arca comics)画像

-エロマンガ

月にむら雲、花にあらし【ペーパー付】【電子限定ペーパー付】 (arca comics)を見る

タイトルとURLをコピーしました