お願い、そんなに噛まないで 【コミックス版】 (MIKE+comics)

お願い、そんなに噛まないで 【コミックス版】 (MIKE+comics)

お願い、そんなに噛まないで 【コミックス版】 (MIKE+comics)内容

一度の甘噛みからその関係は始まった金髪に染め大学デビューを狙うも、いまいちあか抜けない地味な大学生の柳 遥一郎。そんな自分とは正反対な、イケメンで女子からモテるバイトの先輩・五十嵐 隆を羨ましく思いつつも、どこか掴みどころがない彼に苦手意識を持っていた。ところがある日、何気なく笑った五十嵐の口から覗く鋭い八重歯に魅入ってしまった柳は、無意識に彼の 口元に手を伸ばしてしまう。すると突然指を噛まれてしまい――!?☆単行本描き下ろし漫画8P付

お願い、そんなに噛まないで 【コミックス版】 (MIKE+comics)口コミレビュー

正直、最初は目当ての本のついでで買いました。結果、大正解でした。目当ての本が吹っ飛ぶくらい頭かち割られました。途中で泣いてしまい一日では読み切れませんでした。たくさんのBLを読んできたので自分の感動の限界を把握しているつもりでしたが、何万年ぶりかに限界値突破させてくれた素晴らしい作品でした。私の稚拙な語彙力では魅力は説明し難いですが、、まずはとにかくキャラがとてもいいです。主役の2人はもちろん、口は悪いけど兄のことを気にかけてる主人公の妹やバイト先の先輩のお調子者?モトさんも面白くて大好きです!というか柳くん(主人公)の反応が表情豊かで見ていて癒されます。主役の2人には、ただの属性や性格で表現しきれないギャップがあって、まずはそんな二人にどっと引き込まれ、続いてくもどかしい会話、むずがゆい展開、微妙な関係、そして最高のラストでした!あとがきでも書かれているようにベクトルの逆襲が自分にはツボでした。五十嵐さんをだんだん気になりつつある柳くん。でもいつのまにか柳くんに執着してる五十嵐さん、、、ラストへの盛り上がりもすごくキュンキュンでした。あと受視点ではなく攻視点からの話もあるのがすごくいいところかと!お互いがどんな考えでこうなったか読み手が理解できるとより一層深く楽しるので!あとは、エロがなんだかすごいです。うまく説明できませんが最後は心と心が繋がったー!!みたいな。精神的な(?)エロでした。もちろん描写もエロくて最高ですが^_^少し古い表現ですが「萌え」を通り越して、涙が止まりませんでした。月並みに言うならば、「尊い」ですかね。ラブラブに至るまでは、すれ違ったままいたすシチュもあり大変素晴らしいです。神という存在は突如として目の前に現れてくれるんですね。これからこの作者の作品を漁っていく明日からがとても楽しみです。

何度も、何度も読み返すとより良さが発見できます。流れ的には普通なんですが、攻と受の表情に引き込まれていく感じですかね…噛み癖がある攻→五十嵐さん。付き合った子にしかしない行為を何故かバイト先の年下の後輩のモブ顔男子→柳くんをことあるごとにガブリしてます。付き合うとかそういうことじゃないわりに、読者側が引くくらいの独占欲です。触るな・見るな・近づくな的な。個人的に嫉妬しているあの顔すごく好きです(飴のところ特に!!)。柳くんに拒絶された時の悲しそうな顔もグッときました。五十嵐さんと柳くんの怒りと悲しみの顔に感情移入するとよりこの本の深みにハマっていきます。作中に「触りたい 離したくない おれのことだけ見て」というセリフがあるのですが、背表紙の2人がそんな感じなので、見る時は是非当てはめてみて下さい。

攻めと受けが可愛いから読めたけど、展開が少女漫画的であー、うん、そゆ感じね、ってなった(笑)お互い好きになる要素がまじ顔以外ねえ…どうして好き同士になったのよ…ノンケ同士なのに…。受けが女の子から告白されたやつは結局なんなの、攻めが付き合えないって言ったのはなんなの、もっと他に言い方あったでしょ、ていうか攻めの言動が子供すぎんだよな。受けも流されやすいにしたって単純すぎるよねぇ…など、言い出したらキリがないくらい中身がペラついてるのが、まじで少女漫画。

BL漫画ランキングにあって評価も高かったので気になり、先ずはサンプルから。雰囲気ある絵でストーリーもいい感じ!で、先が読みたくなって購入。結果、間違いありませんでした。高評価納得!攻め視点入るの好きだし、どんどん受にハマっていってる色気兄さんな攻にドキドキしました…!

攻くんのキャラがなんか惜しい、、あと牙っぽい犬歯、誇張しすぎじゃないかな?ヴァンパイアものかと期待してしまった←笑

評価の割には…って感じです。

お願い、そんなに噛まないで 【コミックス版】 (MIKE+comics)画像

-エロマンガ

お願い、そんなに噛まないで 【コミックス版】 (MIKE+comics)を見る

タイトルとURLをコピーしました