無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)内容

34歳無職童貞のニートは無一文で家を追い出され、自分の人生が完全に詰んでいたと気付く。己を後悔していた矢先、彼はトラックに轢かれ呆気なく死んでしまう。しかし、ついで目覚めれば、そこはなんと剣と魔法の異世界! ルーデウスと名付けられた赤ん坊として生まれ変わった彼は、「今度こそ本気で生きて行くんだ……!」と後悔しない人生を送ると決意する。前世の知識を活かし、魔術の才能を開花させた彼の新たな人生とは!? 前世の知能を活かしたルーデウスは瞬く間に魔術の才能を開花させ、小さな女の子の家庭教師をつけてもらうことに。さらにはエメラルドグリーンの髪を持つ美しいクォーターエルフとの出会い。彼の新たな人生が動き始める。――憧れの人生やり直し型転生ファンタジーのコミカライズ、ここに始動!

無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)口コミレビュー

 原作の良さを削ってしまった作品。 勿体ない。非常に勿体ない漫画化となってしまいました。 物語としてはよくある転生もの。現代で34歳までニートとして過ごした屑みたいな男が、家を追い出され、トラックに轢かれ、剣と魔法の世界に転生し、俺強えええしながら生きていくお話。 ここまで聞くとよくある、本当によくある、なろう小説の典型ものだと思います。しかしたった一つ加えさせてもらうなら、このなろう小説のテンプレートの潮流ができたのは、この作品の後だ、ということです。この作品が面白すぎたから、後に続く人達がこぞってこの設定を真似しだした、ということなのです。 この原作小説の素晴らしい所は、なろうのテンプレートともなった設定…ではなく(勿論、それも素晴らしいのですが)、主人公の心の成長、心理描写を丁寧に描いているという所です。 34歳までニートをしていたのがクズなのは間違いないでしょうが、社会問題ともなっている高齢ニートは実社会にも確かに存在しています。そんなクズな彼らだって心の底では後悔しているし、生まれ変わってやり直せるならやり直したい、そう思ってるはず。これはそういう人達に着目し、本当に転生したらどうなるかを描いている作品だと思います。 生まれ変わった主人公は、自分がクズだったことを反省し、今度こそ「異世界」で「本気」で生きていこう、と決意します。しかし人間決意しただけでは性根を完全に治すことは出来ず、所々クズさが出てきてしまいます。それでも異世界の人達からすらも学び、ちゃんと成長していく物語となっています。また、クズな部分があるからこそ、他の人のダメなところも許すことができて、主人公の周りには人が集まってもきます。 そもそも、クズだクズだと言っている人も多いですが、人間とは、本来このように心の弱いものではないのか、と私は思っています。 転生したら完璧超人にいきなりなるような事はなく、転生は転生。心の成長とは別の問題だという事を描いている作品です。この作品は人間の弱さや愚かさを隠し立てなく、赤裸々に表現しています。だからこそ、そこからの成長がカタルシスであり、美しく思えるのです。 この漫画化ではその主人公の後悔や弱さをうまく描写できてるとは思えませんでした。この後悔があるからこそ、赤ん坊の頃から努力出来るのに、です。現代日本にいた頃の主人公と赤ん坊の頃の主人公をちゃんと地続きで描いていないから、幼少期の主人公のシモ発言が気持ち悪く思えるのです。主人公を34歳の日本人としてでなく、小さい男の子として見ている証拠です。内面を丁寧に描けていないから、そういった忌避感が読者に生まれてしまうのです。出てくる登場人物はキャラクターに成り下がり、一人の生きた人間でなくキャラという記号に成り下がっているところが随所に見られました。なんとか第1話で見目麗しいロリッ娘魔術師(ロキシー)を登場させようとした焦りが丸わかりになってしまい哀しい気持ちになりました。この漫画に携わっている人達は、この小説の魅力を表現するつもりは無いんだな、と。大好きな原作であるだけに残念でした。 原作が星5だとすると、心理描写の甘さ、原作の魅力の理解不足でマイナス2、という事で星3つとしたい。 しかし、今言ったのは第1巻での話。2巻以降、キャラの内面を描こうという姿勢が見られ、好感が持てます。どうしても第1話でロキシーを出して、読者を集めようという商業的なハードルがあったと理解はできます。ただ、現代、乳児期の心理が今後あらゆる場面で主人公の成長を促してくれるので、そこが弱いのは残念だなぁという事です。個人的には乳児期の終了まで一巻の半分は使ってもいい気がしました。2巻以降は、丁寧に描こうという姿勢が随所に見られプラス1として星4とさせて頂きました。 もし原作を読んでくれるなら、星5は約束できるでしょう。ネットで無料で見れるので、是非ご覧ください。

現代とはかけ離れた男女観です現代では通用しない男女観ですフィクションとして、物語のストーリー展開を読む文には面白いですが、キャラクターの魅力はありません女性の描写は胸があるかないか、ロリかセクシーか大半がこのことについての説明ですよくここまで考えの偏った登場人物しか出さないで本が書けるな、ってくらい男女の描写はゴミです

主人公がキモいです。とにかくキモいの一言でした。変態、女性なら引く性癖でした。様子見で一巻読みましたがストーリーは面白く今出ている8巻まで一気読みしました。めちゃくちゃ面白い……キャラが立ってる異世界転生ものは少ないと感じています。これも作者さんやキャラデザの先生や漫画を書いている先生の力量なのでしょう。。。.全巻かって読んで損はないですよ!まず家族の大切さが私は心にきました。泣けた箇所もありました。主人公のキモいとこを引いての星3なので評価は気にしないでほしいです。面白いです。なめてました。

まーね、多いこと多いこと。なろう系つんすか?なんなら転生は二回目で普通っすからね。でだ、どいつもこいつも、途中で終わったような、永遠なる引き伸ばしやら、忘れた頃に出たり出なかったり。なんかもう慣れちゃってますけど、物語ってのは結末があるんすよ。いい加減忘れてましたよ。コミックやアニメがどこまでやってくれるかは置いておいて、続きが気になったら最後まで読める。これ大事じゃないっすか?だからこの無職転生とか本好きの下剋上とかは偉いと思いました。安心して買ってよし!

ドラゴンボールが実はあまりジャンプ的王道な展開でないようにこの作品も実はあまりなろう的王道ではありません主人公は魔法使いとしては最強クラスに強いですが、実はこの世界、圧倒的に物理有利だったりします。なので主人公は最強クラスの魔法使いだけど全然増長しません。できません。いつもびびってます。予知能力があっても早すぎて回避出来なかったりします。また、強さの成長についても主人公筆頭に、とにかく努力の積み重ねで、主人公側がわりと努力で強くなるのにたいして、出てくる最強クラスの的はとんでもない才能を持ってる上で気が遠くなるような努力をして力を手に入れているのが、説得力があります(なので強いやつは大体高齢。後日談含めると息子が若いのにガチの強者。もいるけど)。各分野では初級、中級、上級、聖、王、帝、神とランクがありますが読み始めてこの設定が出たときはどうせ全部神とかになって主人公すげーをするんだろうなとおもっていましたが甘かったです。全然そんなことなかったヒロインのすっごい強い剣士も神になるんだろうなとおもってました甘かったです。無理ですまさかの主人公たちは誰も神にならない。当然神はめっちゃ強いし、そんな強い神より強いやつが何人かいたりとパワーバランスの取り方が絶妙で、バトルシーンは緊張感があって非常によかったです。ひとつだけ注意すると、とにかく長い長い作品なので、漫画がこのペースで進んでいくと、完結までにあと10年かかると思います。

内容は普通に読めるレベルで絵などは上手いと感じたので3、4程度の評価をしたいのですが主人公が兎角気持ち悪いので評価を落としました。ただ、星1にするほどの駄作ではないので星2つです。

無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)画像

-エロマンガ

無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)を見る

タイトルとURLをコピーしました