絶対BLになる世界 VS 絶対BLになりたくない男(1)【電子限定特典付】 (FC Jam)

絶対BLになる世界 VS 絶対BLになりたくない男(1)【電子限定特典付】 (FC Jam)

絶対BLになる世界 VS 絶対BLになりたくない男(1)【電子限定特典付】 (FC Jam)内容

【電子限定!描き下ろし特典マンガ1P収録】気づいているんだ。俺はマンガの世界の住人…しかも、ボーイズラブの。自分がBLマンガの世界の住人だと気づいてしまった主人公(※巨乳好き)。彼は迫りくるイケメン達を回避するため、BLマンガを大量に読み漁り、恋愛に発展しそうなシチュエーションなどの知識を得た。彼の身に着けた回避能力は今のところは無敵だが、そこは「BLの世界」…。次から次へと新しいシチュエーションで「BLの世界」のLOVEフラグが主人公に襲いかかる――!!ふんだんなBLあるある取り揃えております。不条理!!メタい!!BLギャグマンガ!! 描き下ろし26P収録!

絶対BLになる世界 VS 絶対BLになりたくない男(1)【電子限定特典付】 (FC Jam)口コミレビュー

内容は言うまでもなく最高。だが単行本以前から読んでいた者からすると描き下ろしが極端に少ない。というかマンガ部分が少なすぎてガッカリした、それを考えると高い。130ページ前後のうちかなりの部分がマンガでなくページの10分の1以下を使った申し訳程度の設定紹介。その部分は新規の絵もなくコマ抜いたものに簡単なキャプション付けただけ。省エネすぎだろ作者と編集。読者なめるな、単行本にするならもっと描き貯めてくれ!

思わず「あるある」と言いたくなるBLあるある総特集。普段からBL読んでいる方はあるある!と楽しめるかと思います。この漫画自体がBL漫画かと言われれば(今のところ?)違います。主人公は何に巻き込まれるわけでもなく、その世界のモブに徹しているので。悲しきかな主人公に言い寄る人物が一人もいない…。(男女ともに)むしろ友達もいないんじゃ…。タイトルで「絶対BLになる世界」と謳っているので絶対にBLになる世界でも俺はBLには巻き込まれないぞと暮らす主人公に言い寄る男→BLにはなりたくない!と拒みながらもすったもんだありながらのBLエンドかと思いきや…ただつらつらBLあるあるを描いてるだけなので腐女子がBLに求めている萌えなどは一切ありません。一度読めばいいかなといった内容です。1話(という概念でいいのか?)が数ページで終わるので読み応えも感じず読了しました。ピクシブで読めるようなので試し読みしてから購入することをおすすめします。タイトルは「絶対BLになる世界でモブに徹してみた」とかのほうがよかったんじゃ?あとページ数少ない割に値段クッソ高い

新鮮な設定です。pixivからずっと見てましたが買って良かったです。メロメロラブラブなBLじゃありませんので悪しからず。最初から最後まで主人公が達観して周りのカップルを観察してます。腐男子漫画は苦手ですが、これは、ストレスなく読めます。人によってはかなり物足りないと思うこともあるかもしれませんが、異世界コメディ漫画だと思えば楽しいはずです。普段、何気なく過ぎ行く日常の中で普通であることを常に意識しなければ(男同士の恋愛に巻き込まれ平穏に)生活できない主人公が不憫です(笑)私としては、彼を取り巻くメンズ達の動向は見逃せませんが主人公だけはBLの道に反れず終わってほしいと応援したくなりました。二巻がどうなるか早くも気になります(>_<)とても楽しかったです ずっと見てました!課金イベを待っていたので今までの作品だけでも絶対購入してましたが、新作も入っているので十二分に満足です!ついに主人公が…?!なんて話もあったりして…Twitterやpixivで読んだ方も、好きだと思ったら買って損は無いかと思います!1と付いているということは2が出ること前提ですね???楽しみに待っています!! BLジャンルの王道パターンを逆手に取ったギャグマンガその世界にあまり詳しくないがこれは何度も笑って読めた主人公がきちんと一般的な感性を持って、フラットに世界を見ているのがいいある意味、はやりの異世界転生マンガに近いのかもしれないあえて言えば、話と話の間の遊びがキャラクター紹介以外にもっとあっても良いかも pixivで見てましたが、本出てるんだ!とkindleで購入。面白かった!まずBLの基礎知識量がハンパない(笑)絵が綺麗!そしてギャグセンス抜群。声出して笑っちゃったところも。目の付け所が良いなあ。次回作も読みたいです。

絶対BLになる世界 VS 絶対BLになりたくない男(1)【電子限定特典付】 (FC Jam)画像

-エロマンガ

絶対BLになる世界 VS 絶対BLになりたくない男(1)【電子限定特典付】 (FC Jam)を見る

タイトルとURLをコピーしました