ヒーローガール×ヒーラーボーイ~TOUCH or DEATH~(1) (夜サンデーコミックス)

ヒーローガール×ヒーラーボーイ~TOUCH or DEATH~(1) (夜サンデーコミックス)

ヒーローガール×ヒーラーボーイ~TOUCH or DEATH~(1) (夜サンデーコミックス)内容

感じるほど強くなる…マッサージコメディ!正義のヒーロー達が、宇宙より来たりしヴィランと戦う世界──!!ヒーローをサポートする組織・WDO東京支部で閑職に就く新蔵 修善(しんぐら しゅうぜん)は知らなかった……自身が、ヒーロー(ただし女性限定!!!!)を治癒する未知の能力を持つことを! ヒーローガールズをマッサージすることが、世界を救うことを…!!揉まれるほどに強くなる──新時代の「ヒーロー×マッサージ」コメディ!!

ヒーローガール×ヒーラーボーイ~TOUCH or DEATH~(1) (夜サンデーコミックス)口コミレビュー

 宇宙より侵攻してきたヴィランに対し「特異点」を超えたヒーローたちが戦い続ける世界。単純にヒーローに憧れて国際組織WDO(世界防衛機構)東京支部に入った修善はクレーム対応の部署であったが、戦いで消耗する一方のヒーローの「S(シンギュラリティ)値」を回復させる希少な能力持ちと判明してプロジェクトSSに抜擢される。かくして、マッサージのマニュアルを見ながら憧れの女性ヒーロー・シャドウルージュの豊満な肢体に触れる修善。ただし妙な気を起こしたら首輪がドカン……!! この作者のヒロインはいつも乳がでかすぎると思っていて本作もそうなのですけど、マッサージ物らしいので購入。触れるだけでS値が回復するなら撫で回す必要はなさそうな気もしますがそれを言ったらミもフタもないので(笑)。S値回復の副作用としてかなりの快感に襲われるため不本意ながら身悶えするヒロインと、どこまで触れたら首輪が反応するのか探るスケベな主人公のエロティックコメディとしてなかなか楽しめました。よく見ると顔のコピペが多いですけどシャドウルージュは基本的に無表情なので。『夜王』に比べれば何てことはない(笑)。 今回はルージュのみでしたが次巻は別の女性ヒーロー4人が登場で楽しみです。みんなこれまた爆乳で、マンネリにならないようにどう変化をつけてくるか。某ビスケさんの様に大柄マッチョに変身する人がいるようで…(笑)。

設定が面白いなあと思います。世界平和を守るヒロインたちをマッサージすることにより,パワー回復?させ,さらに活躍してもらう。その際のヒロインの悶え方がとてもやらしくていいです。この巻では1人だけのエロマッサージですが,次巻からは,多数の多様な美女ヒロインたちがマッサージを受けることから,楽しみですね。

1巻ではヒーローというのはエロさを際立たせる要素でしかなく、ヒーローあるある的な描写があまりある漫画ではありません。というか、本作はそういうヒーローもの漫画ではないと思います。これは胸の大きい女性ヒーローをむちゃくちゃにマッサージをする(したい)!という漫画です。最高か。ヒーロー漫画らしい設定もありますが、それは際どいマッサージを正当化する要素で、対象を女性ヒーロー(豊満な体型)にしたのは昨今の流行りかつ作者の趣味と思われます。つまりヒーローとエロならエロに比重があります。もちろん今後の展開でシリアス方面に行くこともなくはないと思われますが、色んな女性ヒーローがマッサージされつつ主人公を取り合うような話が続く…はず。人が死んだり、答えの出ない思想の対立を描いた重厚な漫画も面白いですが、おっぱいポロ〜ン!ウヘヘ!みたいなちょい過激エロコメ漫画だって良いもんです。あと個人的にポイントが高かったのが、主人公が下心モリモリでマッサージをしているところです。ヒーローを支える職場でヒーローのエロ画像見るのをストレス解消にするダメ野郎ですが、こういう漫画にはこういう主人公じゃないと面白くありません。注意点があるとすれば、今後色んな女性ヒーローが出るようですが、だいたい胸(とお尻)の大きい方がメインです。小柄で肉付きの薄いタイプが好みの方には向いていないと思われます。次からは女性ヒーロー達との同居もスタート。今のところ理想の展開なんで次巻が楽しみな漫画です。

ウェブ連載見てたけど、第一話からコピペの嵐。

ヒーローガール×ヒーラーボーイ~TOUCH or DEATH~(1) (夜サンデーコミックス)画像

-エロマンガ

ヒーローガール×ヒーラーボーイ~TOUCH or DEATH~(1) (夜サンデーコミックス)を見る

タイトルとURLをコピーしました