パラレルパラダイス(11) (ヤングマガジンコミックス)

パラレルパラダイス(11) (ヤングマガジンコミックス)

パラレルパラダイス(11) (ヤングマガジンコミックス)内容

世界は広く、残酷だった。少女だけが存在する異世界で繰り広げられる異色ファンタジー。新たな仲間と共に、未知と怪奇の森の中へ!魔女・ガリアからミースの街を守った陽太は、幼馴染みを目覚めさせるため砂漠の街・サンドリオへと向かう。槍兵・ペコとの珍道中の果てに見たものは――。砂漠の街を囲む謎の軍隊。率いるのは、美しく冷酷な女騎士!

パラレルパラダイス(11) (ヤングマガジンコミックス)口コミレビュー

レッドゾーンを振り切った頭の悪さで終始一貫してます。すでに10巻を超えたのにも関わらず連載エロ漫画も真っ青な頭の悪さが逆に潔い中途半端にカッコつけてるなろう系はもっと改めるべきですね。書こうとしてることは一緒なのにも関わらず、晴れきった蒼空のように清々しさすら覚える頭の悪さです。

海外でも翻訳版が発売され、更にはグッズも発売された岡本倫先生のパラレルパラダイスの最新巻。今回の目玉はなんと言っても、新キャラの大将校のナクタ。陽太と彼と交尾した人間の抹殺を命令された彼女は、サンドリオの遺跡へと訪れ、ガリアに続く一波乱を起こす。全身鎧で剣の腕前も国随一、そして大量の近衛兵を連れる強敵。そんな強大な敵を相手に陽太たちはどう立ち向かうのか?緊張感溢れる展開だけでなく、読者をおおっと驚かせる展開や程良く脱力させる展開が、読者の心をガッチリと掴むであろう。勿論、交尾シーンもしっかりあるぞ!!当然ながら前巻から登場した槍使いのペコだって、見所の一つだ。彼女の反骨的な態度はどのように変わるのか、戦闘シーンはどんなものか、そして交尾シーンはどうなるのか。それら全てに注目するだろう。サンドリオ編は佳境に突入したが、ますます盛り上がっていくパラレルパラダイス。こんなに面白い漫画を描く岡本倫先生には感謝をしてもしきれないぐらいだ。

愛と勇気と笑いと感動の第11巻です。エッチなシーンにまで笑いと感動があります。あいかわらずエッチシーンはギャグ展開なのですがなんと今回は感動まで・・。もう岡本先生には脱帽です。尊敬です。前半は11巻表紙のペコの話です。ペコは男の見た目に理想が非常に高くずっと美男子を妄想していました。だからはじめてあった男がペコから見たらゴツゴツしたブ男に見えるヨータを認められないでいます。もしこの世界唯一の男がヨータではなく悪い男だったらをルーミが語るシーンは感動的です。はたしてペコとヨータの間に絆が生まれるのでしょうか?後半は女騎士ナクタの話です。ナクタは国母様というこの国の女王様みたいな方の命令で男と男と交尾をして首に非処女の印がある女達を殺しに軍勢をつれサンドリオに来ました。ヨータとルーミがサンドリオにつく寸前、先についていたナクタにカヅチとバニーユは拘束されてしまっています。その拘束のしかたが岡本先生ならではというかへんな性癖にめざめそうです。ナクタは剣を使ってのタイマンではこの国1番の女騎士です。高校生の剣道大会で県準優勝のヨータですがまず歯が立たない相手です。そのナクタにヨータはどう挑むのか。ヨータと言ったらやっばりアレです。必見です。この巻は展開がだらだらしてなくどんどん話が進むので中だるみなくラストまで一気に楽しめます。間違いなく面白いのでぜひ読んで楽しんでいただきたいです。

毎回同じようなシーンばかりで厭きてきた話もなかなか進まず横道にそれてばかりもう買わないかも

欲望を満たすだけのコンテンツってありますが、それらを遥かに超えたロクでもなさです。岡本倫が描くから、シュールなギャグ漫画になってるし、何故かグロテスクな世界観すら引き継いでるから、もはや訳がわからない。

魔女ガリア戦も終わりヨータ達がサンドリオに戻る話です。サンドリオでは城の騎士達がいて一悶着あります。次巻はストーリーが進みそうなので3ヶ月後の発売が楽しみです!

パラレルパラダイス(11) (ヤングマガジンコミックス)画像

-エロマンガ

パラレルパラダイス(11) (ヤングマガジンコミックス)を見る

タイトルとURLをコピーしました