アカイリンゴ(2) (コミックDAYSコミックス)

アカイリンゴ(2) (コミックDAYSコミックス)

アカイリンゴ(2) (コミックDAYSコミックス)内容

令和××年、日本では、性行為が違法となった。犬田の高校に転校してきた人気アイドル・宇宙美空は、二人きりの教室で犬田に誘惑を仕掛ける。密かに犬田に目をつけていた美術教師・壇田により助けられた犬田だったが、湧き上がる衝動を抑えきれず、その夜再び性行為を斡旋する会員制クラブ・G‐アンツを訪れる。果たして犬田は、違法行為(セックス)に手を染めてしまうのか――。コミックDAYSでPV数圧倒的1位を記録し続ける、衝撃の問題作第2巻!!!

アカイリンゴ(2) (コミックDAYSコミックス)口コミレビュー

①購入の経緯:1巻を買ったので、続きが気になって2巻を買いました。②買ってみた感想:1巻の終わり方が凄く気になる終わり方でしたので、2巻でどういう始まり方をするのかと思っていました。実際に気になる方は内容を見て頂ける分かりますが、1巻の勢いは失速といった感じです。逆に1巻に色々詰め込み過ぎて、それ以上の展開が2巻にあるのでは…と期待しすぎてしまった反動で、読むと物足りなさを感じてしまうことに繋がったのかもしれません。③オススメしたい点:表紙にもなっています、水瀬との絡みがある巻となっているので、1巻を読まれた方は、是非注目して欲しいと思います。④残念だった点:やっぱりあげるとするならば、1巻を超えれないドキドキやワクワク感が2巻には少ない部分、残念でした。

この作家さんはかつての平本アキラ先生を彷彿とさせますね。あそこまで徹底した執拗さはないですが…(苦笑)アシスタントされてたのかと勘ぐりたくなりました。女の子の可愛さとどことなく陰鬱な雰囲気、フェチズム?的なエロスを感じる作風は好きです。物語進行はおまけみたいなモノかも知れません。作者さんは腋フェチなんでしょうかねぇ…

表紙の女の子に釣られてKindleの操作ミスで購入してしまいましたが、悪くなかったです。むしろよかった。シリアスな雰囲気なのに、状況はギャグになっているという、往年の平本アキラ作品にも通じる感触があります。エロコメです。

セトリの存在も徐々に見えてきて、物語は少し進みます。ただ、盛り上がりにかけ、空回り感を感じました。早くもネタ切れ感がします。テーマはとてもおもしろいので、正統派「なりきり」の流れでどこまで突き通せるか、SF あるはコミック的なぶっとんだ要素をどこで取り入れるかが今後のカギではないかと思います。次巻で、物語の方向性が見えてくることを期待します。

アカイリンゴ(2) (コミックDAYSコミックス)画像

-エロマンガ

アカイリンゴ(2) (コミックDAYSコミックス)を見る

タイトルとURLをコピーしました