ラストギアス (2) (角川コミックス・エース)

ラストギアス (2) (角川コミックス・エース)

ラストギアス (2) (角川コミックス・エース)内容

立夏の「魔導書」を見てしまった真琴も「悪魔ゼパル」の呪いにかかってしまう。真琴から相談された草太は症状を抑えるため真琴と関係を持つが、真琴は呪いの呪縛から逃れられず関係を楽しむようなってしまい!?

ラストギアス (2) (角川コミックス・エース)口コミレビュー

三角関係になった事でドキドキ展開に!ちゃんとオチをつけられるのか心配もありますが、今のところ良い感じです。

表紙を飾っている雨水真琴ちゃんの魅力が炸裂していますお堅い風紀委員の彼女が淫らに豹変するギャップがたまりません普段の彼女からは想像もできないような行為が次々と行われて読み進める毎に彼女の大胆かつ妖艶な姿に魅了されて行きました今後彼女たちがどうなって行くのかとても楽しみですね

ネタバレになりますが最後までしたほうがいいと思います 今後の展開次第かと思いますね

今回、風紀委員長にもゼパルの本の呪いがやってくることに。主人公は呪いを抑えるために仕方無しに行為をしてしまいますが、風紀委員長は逆にその状況を楽しんでしまいます。今後の三角関係に期待がかかります。そして、新たな人物が呪いの輪に入りそうなので展開に拍車がかかること間違いなしです。

恋愛メインなんだけど、その恋愛も先が読めてしまう。。もう少し刺激あった方がいいかと、青年漫画なんだから

もう、すん止めは見てるこっちも辛い!!思わずそう叫びたくなる様なエロエロしい状況の数々が続きます。今回は風紀委員長の真琴も魔道書を手にしてしまい、草太・立夏との三角関係に発展してしまいます。しかもその事を気にしつつも、草太との関係を望んでいる真琴の普段とのギャップがエロ過ぎます。立夏・真琴共々、キスはデフォルトで、フ○ラもごっくんも有りで、二人に増えた事から1巻以上にエロさのバリエーションが増えています!もういっその事成人誌に移籍して欲しいと言う感情と、一般誌の限界に挑戦して欲しいと言う感情のせめぎ合いですwしかも、契約を解く手段は「生本番だけ」で、そして「解けるのは立夏と真琴のどちらかだけ」、挙句「立夏としたら命が無い」と言う究極の選択しかない状態。そんな2巻でのヒロイン足る真琴は、ムチっとボインの立夏と違い、バランスの取れたスタイルの正統派美少女タイプ。性格は至って真面目な彼女が、自ら草太を誘い攻めに攻められの攻防戦w特に、立夏が側に居る状態の女子トイレで真琴への攻めや、3人で入った映画館の上映中に寝た振りをした真琴の横で立夏がフ○ラ、空き教室で真琴との行為中に先生に見られてしまう等、中々のシチュエーションが揃っています。しかも、落とした魔道書を先生が拾ってしまうと云うハプニング付き!コミック派の自分としては、早く3巻が出て欲しいと願わずには居られない作品です!!

ラストギアス (2) (角川コミックス・エース)画像

-エロマンガ

ラストギアス (2) (角川コミックス・エース)を見る

タイトルとURLをコピーしました