Aランク冒険者のスローライフ(コミック) : 1 (モンスターコミックス)

Aランク冒険者のスローライフ(コミック) : 1 (モンスターコミックス)

Aランク冒険者のスローライフ(コミック) : 1 (モンスターコミックス)内容

竜殺しを果たした最強の冒険者アルド。強さを求め続けた彼は、昔訪れた村の色とりどりな花畑の美しい風景を恋しく思う。「あの美しい風景の中でゆっくりと暮らしたい。」 花畑の村の住人になる。おいしい食事、村人たちとの触れ合い、自分を慕ってくれる女の子…。幸せいっぱいの異世界スローライフがここに!

Aランク冒険者のスローライフ(コミック) : 1 (モンスターコミックス)口コミレビュー

かつての英雄やらトップなりが引退したが、その後も政治(権力抗争や内部闘争など)に巻まれるって話自体は、日本でも時代劇やヤンキーものなどでよく使われるパターンであり、ファンタジーだと少女漫画なんかの方が昔からあるパターン。(引退した人物が主人公じゃなく、主人公などの師匠になり、再度政治に巻き込まれるパターンなら、それこそどこにでも無数にあるパターンだしな)実際、読んでいて少女漫画的なラブコメに感じたが、少女漫画的な細かい感情の機微などはあまり表現されていないかそれほど上手くないので、何か薄っぺらい印象しか受けなかった。見せ方として、この世界でドラゴンを倒せるのがどれくらい軍事バランスや政治に影響するのかとか、そもそも主人公の強さの物差しが不明な点で非常に出来が悪い。よく少年漫画やヤンキーものに多い強さの誇大表現ってのは、実は非常に重要なんだとか判っていなんだろう。一国が大きな力で探索するってのが強さや重要さのバロメーターだとしても、そこの説明も正直イマイチ。その国の情勢が不明な為に、例えば隣国に仕えられると侵略される危険があるとか、その程度の情報でも入れておけば納得がいく。しかし、ある程度離れた地域では名前も知られていないみたいなんで、正直、そんな重要な人物に思えない。なろう系とか呼ばれてる作品の多くに共通するが、設定や情報の伝達を放棄し、何か大体どれも同じなんで理解しろってな感じの傾向は、フィクションだし子供にする昔話レベルと同じでそんな事気にするなと言っているも同然で、創作物としては非常にレベルが低く感じる。90年代までその辺に気を使っていた作品が多かったが、エヴァとかで枝葉のハッタリ部分だけに固執して商売する連中が蔓延った後、本編は誰でも思いつく再生産になぁなぁな枝葉が付いたモノが商売になる時代になるとは思わなかった。本作は、筋はよくあるパターンでまだ読めるのだが、細かい設定が疎かなのか、漫画化担当の力不足なのか、指摘し始めると粗が多く、その辺で★1も迷ったが、まだ今後の展開で筋の挽回出来る部分もありそうなんで★2とした。

ヒロイン親子の顔がちょっと怖い。童顔親子なんだろうか(冒頭の仲間の娘もだが)ちょっと他と毛色が違う。背景を描いたり描かなかったりで時折人物だけが描かれてるコマが続くが表情などに目を持っていきたいのか、そもそもシーンの情報として背景があれば良いって感じなのか。ちょっと気にはなるけど作風としてメリハリ効いてるのでは。移住後に笑顔が苦手な友人が出来ますがまぁまぁ自然と出る笑顔は多く愛嬌あります。釣りのシーンなどはほのぼのしていて良いのではないでしょうか。ただレアそうな魚の釣れた姿はモンスターファームかポケモン登場かと言うくらいに違和感凄い。ストーリーとしては引退しました移住しました知り合い出来て遊びました終わり。と言うくらいの簡素さですが空気感などはいい感じです。ただ、ただ、私には作中の「ソテーとローストとステーキ作ろう」って流れが、、、、7歩譲ってローストは良いとしてもソテーとステーキって!!まぁ、ネタで面白いわけではなくストーリーで面白いわけでもなく絵も凄まじく上手いわけでもないですが平均点はとても高いと思います。でも現時点で1巻読んだだけだと人には勧めれません。特徴が無さすぎて。9/33点つけたつもりが4点だったので訂正。この漫画単品なら放置してもいいけどほかの4が意図せず評価下がっちゃうので適当こいてスミマセン

A級冒険者を引退して過去に訪れた村で第二の人生を送ろうとする主人公のお話。訪れた村は花畑の美しい風景に、優しい村人たちで主人公も移住者としてすぐに受け入れられることになり狩猟と畑仕事をしながら新たな生活がスタートします。9年前に村を訪れた際に出会った少女にも再開し、あっという間にいい仲に…。この平和な雰囲気が続くのかと思いきや、王都の人間が冒険者を連れ戻そうとしている不穏な雰囲気も…。ただ、それ以外はほのぼのとした日常と、ヒロインとのイチャイチャが大半を占めます。ヒロインがロリっぽい面立ちに、漫画的な体系すぎるのもありますが思ったよりも青年誌的なエロ要素が多めで好みが分かれそうです。

この手の話は「絵師ガチャ」とはよく言ったもので、上手い描き手に当たったもの勝ちですね。個人的にこの漫画のペラペラの絵が好きじゃないので、金出して買うことは無いです。話は最近ありがちなもので、ひねりも何も無いです。

タイトルまんまにスローライフが始まるのだが・・・1巻は、まったりスローライフ「だけ」で終わってしまい、全く起伏が無い。いや、起伏はこれからの巻で──っていう意図は分かるけど、結果的には「・・・それで?」って感じ。まぁ、読者が「まったり感を存分に味わう」っていう意味じゃ悪くないンですが。

まだ1巻とはいえ、類似作品を思い出すところが多々。。。作画は悪くないのですが、もう少し特色が出てこないと、テンプレのひとつとして埋もれそうです

Aランク冒険者のスローライフ(コミック) : 1 (モンスターコミックス)画像

-エロマンガ

Aランク冒険者のスローライフ(コミック) : 1 (モンスターコミックス)を見る

タイトルとURLをコピーしました