あらくれお嬢様はもんもんしている(2) (ヤングマガジンコミックス)

あらくれお嬢様はもんもんしている(2) (ヤングマガジンコミックス)

あらくれお嬢様はもんもんしている(2) (ヤングマガジンコミックス)内容

超ナイスバディな学校のカリスマ・椿お嬢様は堅物風紀委員の起立くんが目障りでしょうがない! 自分のお色気で起立くんを陥れようとするも毎回、自分がもんもんしてばかり。でも椿お嬢様はご存知ないのです。起立くんはお嬢様の意図せぬところで、きっちり、もんもんしていることを。すれ違う二人のもんもんは爆発寸前! はたしてこれは恋か性欲か!?

あらくれお嬢様はもんもんしている(2) (ヤングマガジンコミックス)口コミレビュー

1巻当初からこの作品のファンだった者です。作品の良さと言いましょうか、強みが見えてきたと感じたもので、2巻のレビューに手をつけた次第です。思えば「からかい上手の高木さん」の流行を境に、一大ジャンルへと上り詰めた『一対一系ラブコメ』でありますが、これを「古き良きラブコメの復権だ」と謳う向きには、些か懐疑的な私です。というのも、昨今の『一対一系ラブコメ』の妙味は、対象となる二人の関係性がある程度”出来上がっている”点にあると考えていまして。からかいが上手なだけに限らず、今や多種多様、百花繚乱に溢れるヒロイン(とは書きましたが、便宜上ここではこの言葉は男女LGBT広域に含む言葉として使用します)たちでありますが。そんな各ヒロインにあてがわれた各主人公との、二人っきりのイチャイチャだけを終始堪能できることこそが『一対一系ラブコメ』の強みなわけですね。これが数年前までデフォルトだった、複数人ヒロイン体制下だと、そうもいかないわけです。誰がメインか、という区分はあっても、見せ場は相応に均等に作らなくてはいけない。そう考えますと『一対一系ラブコメ』における「関係性」というものが、ある程度完結していることは、必須条件ですらあるわけです。主人公は既にヒロインに惹かれ始めているし。ヒロインも既に主人公が大好きで。私はその是非について論ずる気なんかサラサラございませんが、一抹の寂しさを覚えることもまた確かなのであります。古いラブコメというのであれば、それこそ、なんならお互いに「嫌い」とまで認識し合うところから始まって、徐々に徐々に仲を深めていく様を楽しませてほしい…。そう、そんな思いに応えてくれるのが「あらもん」なのです。ガワこそ「くそざこポンコツお嬢様がカタブツ男子と性を絡めた丁丁発止」なんてイロモノではありますが、その実態は、一話ごとに丁寧に関係を進める思春期男女という、まさしく古き良きラブコメな「あらもん」。一話前、二話前に起こったことをきちんと拾いながら話を進めていく作者の筆致に、それが如実に表れています。また「あらもん」の見逃せない旨味には、作者の新しい感性によるものもあります。椿お嬢様は、性欲から恋愛へ…という過程を経て起立くんへの思いを募らせて(拗らせて)いくわけですが、これって思春期女子というより、今まで思春期男子を対象に顕著に描かれてきた感情ムーブなんですよ。それを「性に関わるもの全てを嫌悪してきた箱入り娘」なんてキャラ付けで、女性である椿お嬢様のキャラとして成立させて、ヒロインの個性としても存分に魅力に昇華させる辺り、本当にそつが無い。対になる起立くんも、これまたいつの時代のツンデレだよってつっこむくらいガチガチのバリア張っているところから、いつの時代のツンデレだよってつっこむくらい少しず〜つ氷解していって、いつの時代のツンデレだよってつっこむくらい実は最初から椿お嬢様を憎からず想っていて。最高かよ、ってなるわけです。即ち、既存の価値観に挑むある種の「逆転」が主人公とヒロインの間に起こっていまして、これもまた作品の個性を強く引き立たせているわけです。そんな二人の進展が如実に見えて最高かよ、ってなる2巻なのです。特に巻末のかきおろし「新婚ver.その2」が会心の出来でありまして。言うなればまさしく『一対一系ラブコメ』のようなイチャイチャを拝めるわけですが、それがとんでもない威力を叩き出すのも、本編のもどかしいを飛び越して未だキツめの二人の関係性あってこそなのです。話が戻ったついでに私見を総括させてもらいますと、要は昨今の『一対一系ラブコメ』は、その殆どが「関係性」ではなく、その実「ヒロインの個性」を売りにしているのです。(無論、全てがそうだなどと暴論を吐くつもりはありませんし、しつこいようですが是非を問うているわけでもございません、悪しからず)その各種ヒロインが刺さった読者に、ヒロインと主人公のイチャイチャを提供するものですから、当然、作品のヒロインが好みに合わなければ、その時点で読者は購買を続ける動機を失います。その点「あらもん」は、ともすれば古いタイプの主人公/ヒロインです。ファンの私とて、万人受けする造形とは思っていません。ですが、その関係性の進展にニヤニヤさせてくれるという一点において、あなたを裏切ることはありません。その意味では広い層に受けるものと信じておりますし、ぜひとも多くの方に読んでいただきたいラブコメなのです。ようやくエンジンのかかってきた展開に、購入するなら今でしょ!と、私は本作を強くお勧めしたいのです。

お嬢様もうベタぼれしてるのが全然伝わらないのが面白い。おまけマンガで描かれる未来の2人が想像通りって事は起立の方はあんまりデレないのか木下先生の作品で2巻以上読めるのは確定で嬉しい。

最初は自分のもんもんの正体が分からないお嬢様ヒロインが、徐々に性に目覚めていく。巻末のおまけは示す通り、最後はハッピーエンドになる予定。そこに至るまでのこれからのプロセスが楽しみ。保健室の保岡先生がいつもいい味出している。

なかなか二巻でないな~と思い久々に調べたら発見からの即購入。相変わらずの堅物主人公、煩悩を抱えるお金持ちヒロイン。二人ともぶつかりながら少しずつ距離を縮めていく、いや~ニヤニヤしてしまいます。

一章ごとに書き下ろしの漫画が1Pあります。ツイッターでも拝読していますが書き下ろしの漫画があることでより一層椿と匡史くんの関係にもんもんしました。とってもかわいいです。何度も読み返しています。本当にありがとうございます。

ヒロインがめっちゃかわいい!クールなボーイッシュ系ビジュアルだけどピュアなところや感じやすいところがかわいいですね〜王子系ヒロインはなかなかレアで、見たことなかったけど、すごく好きなジャンルなんで、これからの展開も楽しみです。

あらくれお嬢様はもんもんしている(2) (ヤングマガジンコミックス)画像

-エロマンガ

あらくれお嬢様はもんもんしている(2) (ヤングマガジンコミックス)を見る

タイトルとURLをコピーしました