潮騒のふたり【電子特典付き】 (フルールコミックス)

潮騒のふたり【電子特典付き】 (フルールコミックス)

潮騒のふたり【電子特典付き】 (フルールコミックス)内容

1994年―――。あの夏、ふたりの香りに満ちた部屋で……。誰にも好かれる、人気モノの中学教師、比奈岸(ひなぎし)直弥(なおや)は、八歳年下の新任教師、屋敷(やしき)孝太郎(こうたろう)の教育係となる。素行不良で逃げ癖のある孝太郎は、直弥のまっすぐな指導に耐え切れず、同性愛者であることを告白し、キスを仕掛け、彼を遠ざけようとする。しかし、変わらず接してくる直弥との距離は徐々に縮まり……?pixivで発表された作品の全ページに加筆修正をし、50ページ超の描き下ろしを加え、単行本化!!!電子版特典描きおろしマンガ2P収録(紙書籍の応援書店特典と同内容)

潮騒のふたり【電子特典付き】 (フルールコミックス)口コミレビュー

幸せになりました。40歳デビューの作家さんにしか出せない味のある内容でした。絵の綺麗さだけじゃなく、美男子だけじゃなくこういうその作家さんの人生経験から滴ってきたようなBL漫画がもっとあってほしいと思います。本にされたことに感謝です。自分の世代より上だけど懐かしかったです。

最高すぎて語彙がなくなりました。きっと他の人がちゃんとレビューしてくれると思います。最高すぎてやばい。ドキドキしました。たぶんJuneを没収された女子生徒の気持ちがめっちゃ今わかる。えげつないエロBLをさんざ読んできたというのにときめきすぎてやばい。

相手が抱えてきた切なさにそっと寄り添うような感覚が全篇から伝わってくる。いいな。ぜひ読んで!!

こういうマンガを待っていました!!!!骨太で肉厚な画面で描かれる、湿度と体温を持った男達の情と欲と人生が、哀しみと喜びを絡ませながら進む物語。読み終わった後も、主人公達ふたりのこれからの幸せをずっと願ってしまいます。ルーズソックスやポケベルやイノセントワールドも懐かしすぎて。少し湿った潮風を感じるようなお話でした。遠浅先生の作品がもっと読みたいです。これからも応援しています。

屋敷孝太郎とほぼ同年代のGです時代の空気感とか、よく描かれていて感心しましたBLに興味がない私にも好感が持てる絵の雰囲気もあって、ほかの作品も読んでみたいと思います

まるで映画を見ているような感じでした、とても良かったです。懐かしくて、でも気持ちがブワッとあふれるような場面もあって素敵でした!古いセリフ回しやポケベルが出てきたり、懐かしくてちょいちょい笑ってしまいますが、それも楽しかったです。そして表紙や試し読みをされた方は分かると思いますが、やはり絵の好みはあるかと思います。でもオススメ!ちなみに私は絵も大好きです。逆に、絵のおかげでBLという枠にとらわれずに楽しめました。

潮騒のふたり【電子特典付き】 (フルールコミックス)画像

-エロマンガ

潮騒のふたり【電子特典付き】 (フルールコミックス)を見る

タイトルとURLをコピーしました