エロマンガ先生(4) エロマンガ先生VSエロマンガ先生G (電撃文庫)

エロ漫画

エロマンガ先生(4) エロマンガ先生VSエロマンガ先生G (電撃文庫)

エロマンガ先生(4) エロマンガ先生VSエロマンガ先生G (電撃文庫)内容

「よーっく聞けよ――ニセモノ野郎。オレ様が“本物”の『エロマンガ先生』だ」 「エロマンガ先生」の正統後継者を名乗る「エロマンガ先生G」の登場に動揺する紗霧。「エロマンガ先生」という恥ずかしいペンネームには、大きな秘密が隠されていた! 紗霧は、最強のライバルとペンネームを賭けて勝負することになる。紗霧が隠していた、恥ずかしいペンネームの秘密とは? 紗霧を圧倒する技量を誇る「エロマンガ先生G」の正体とは――? そして、和泉兄妹の新作『世界で一番可愛い妹』にも、新たなる展開が! ラノベ作家の兄とイラストレーターの妹が織り成す、業界コメディ最新刊!!

エロマンガ先生(4) エロマンガ先生VSエロマンガ先生G (電撃文庫)口コミレビュー

アルミちゃんにイラストを描いてもらっていた山田エルフが、エロマンガ先生にイラストを描いて欲しかったのはストーリー全体をみるとつじつまがあわないように思います。そこに目をつぶれば面白い作品です。

息子が毎日読んでいます。中学での読書の時間に読んでいるようです。

とにかくイラストがいいかわいいしあと、マンガはやはり読みやすい。

3巻までアニメになって楽しめた。これ以降の話もアニメでも見てみたい…

初めて電子書籍買いました。プライムアニメ見てこれは、原作買わねばと慌てて揃えてます。4巻のレビューですが、アニメ二期はよですが、10巻も心待ちです。

苦手なことがあることを否定するのは本当に良くない。引きこもりを題材にすると必ずでてくることの一つであるが、この作品でも具体的にそのことをささないとしても、ヒロインがどうしようもないレベルでの引きこもりであるがためにそれが浮き彫りにされる。クラスの子達が待ってるよ!というメッセージはおそらく引きこもりにとっ祭悪の部類に入るものの一つである。もう何度もいろんな小説に書かれていることだが、どうしても学習指導要領に書かれていることであるがために、それはこの10年以上何度も繰り返されている。結果、子供は自分が人と会うことが苦手であることを否定され、もはや逃げ道がなくなる。そう、普通は逃げ道がなくなるのだ。この作品のように、そうした中でも自分なりに人とつながる方法を覚えるこはまだマシかもしれない。別に、人と会うことが苦手なことは悪ではないよ。学校がそれを許さない奇妙な時代、これからの時代の子達はますますこうした形のつながりを求めるだろう。ある組織にとって正しいことは、ほとんどの場合多くの人間にとって正しくない。杓子定規な人間が増える中、必然的に学校に行かない子は増え続けている。だが、どうしても僕はそれが悪いことと思えない。こういう作品は、なんだかそういう自分に奇妙な同盟関係を結んでいるような錯覚を覚えさせる。願わくば、苦手なことが徐々になくなっていくことが望ましい。それには時間と意志と、ちょっとしたきっかけが欲しいだろう。不器用な子達は、それでも少しずつ、見える限りでも間を互いに詰めていく。一番救われてるのは、多分主人公だろう。

エロマンガ先生(4) エロマンガ先生VSエロマンガ先生G (電撃文庫)画像

-エロマンガ

エロマンガ先生(4) エロマンガ先生VSエロマンガ先生G (電撃文庫)を見る

タイトルとURLをコピーしました