大上さん、だだ漏れです。(1) (アフタヌーンコミックス)

大上さん、だだ漏れです。(1) (アフタヌーンコミックス)

大上さん、だだ漏れです。(1) (アフタヌーンコミックス)内容

わたしのアソコ、あばかないでっっ!! 「男子のアレって仕組みどうなってんの?」エロいことに興味しんしんだが、それをひた隠しにしている女子高生・大上さん。こんなのバレたら生きてけない……肩身が狭いながらも平和に過ごしていたはずが、クラスの柳沼(やぎぬま)くんと接したことで、リビドーがモロ出しになってしまう! さわりたいけど、さわれない! 純情な妄想が暴発する思春期エロラブコメ、全力発射!!!

大上さん、だだ漏れです。(1) (アフタヌーンコミックス)口コミレビュー

トラウマ抱えて地味なA子とB君出会う。2人の距離は少しずつ接近し・・。そこに美しいC子が割り込み「A子ってB君のこと好きなの?(恥ずかしさでA子が否定するの予測済み)」「私B君好きだから友達なら応援してくれるよね?(敗北宣言しろw)」A子「うん、応援するよがんばって」↑これ、この時点で、たとえこの後の巻でA子の逆転があろうがなかろうがもういいです。そばにあったリモコンぶん投げて汚い言葉を発しながらキーボードが壊れるくらいの勢いでキンドルを閉じました。その後急いで漫画「君に届け」の黒沼爽子が横恋慕女にNOとハッキリ言ったシーンを読んで180まで上がった血圧が120まで下がったのをオムロンの血圧計で確認し何とか自分の命を取り留めました。■まとめ私には合わないまんがでした

身体に触れると本音が漏れてしまう特異体質の柳沼君と、人より聊かあちら方面の好奇心が盛ん(だと思っている)主人公・大上さんの、多分ボーイミーツガールになっていくんだろう作品。肉々しい大上さんもエロ可愛いし、クールだけどやっぱり年頃の男の子な柳沼君の二人の微妙な距離感が微笑ましく楽しい。健全なちょいエロ・恋愛・友情ストーリー。変人男女の恋愛話としては、同じ掲載紙である「ラブロマ」を読んでいる感覚に近いように思える(絵柄は大分違うが)。いずれ二人はお互いを想う気持ちに気付いていくのだと想うけれども、まだ物語りは導入部。これからの展開に期待したい。案内文ほどエロ推しなお話ではないのでその点はご注意を。

大上さん、わかるよ!その気持ち。青春時代のもやもやを思い出させてくれました。何一つ萌えポイントかすってないのに柳沼くんが素敵過ぎてつらい( ;∀;)

主人公?の男の子は簡単に言うと「サトラセ」。サトラレじゃないです。触れた相手の思考が本人の口からダダ漏れるのである。ヒロインは人一倍エッチなことに興味津々。解剖学の本の「男性器の断面図」を眺めたり、常に色んな妄想に耽って悶々としている。二人は出会い、そして触れて・・・     「ちんこ見せて」二人が出会うとても美しいシーンでヒロインの本音が漏れるのであった。あえてジャンル分けするなら、基本は微エロ、ラブコメ、そして人間ドラマでしょうか。一応ヒロインは最初、クラス底辺のぼっちキャラのようなダメな存在として描かれていますが、お風呂シーンで判明するそれと裏腹な隠れナイスバディがギャップで素晴らしいですね。

自分に触った人間が思ったことを声に出してしまう、そんな特異体質を持つ変人イケメン柳沼くんそんな体質のせいで自らボッチの道を歩んでいる柳沼くんと、むっつりスケベでただのボッチの大上さんがひょんなことから友達になる話設定が面白いのと柳沼くんと大上さんがなかなか良いキャラクターをしてるので楽しめました。あとなんか大上さんの体つきが妙にエロい。下品じゃないのになんかエロいですね。何なんすかね。まだ序盤なので今後どうなるかはわかりませんが、なかなか期待できる漫画だと思いました。

大手出版社のメジャー誌掲載作品ですから、まったく過激でない。至極大人しめの漏れでした・・・。もっと過激な作品を求めるならレーベルを選べってことでしょうか。中高生向けの健全書籍と言って良い。安心して読めますよ。

大上さん、だだ漏れです。(1) (アフタヌーンコミックス)画像

-エロマンガ

大上さん、だだ漏れです。(1) (アフタヌーンコミックス)を見る

タイトルとURLをコピーしました