ようこそ実力至上主義の教室へ11.5 (MF文庫J)

ようこそ実力至上主義の教室へ11.5 (MF文庫J)

ようこそ実力至上主義の教室へ11.5 (MF文庫J)内容

大人気コンビの学園黙示録、ついに1年生編完結!学校側の介入というアクシデントがあったものの、1学年の最終試験を退学者なしで乗り越えたCクラス。最後の行事、卒業式を迎える。兄との最後の接触に踏ん切りのつかない堀北にアドバイスを与えつつ、綾小路は月城理事長代行対策に動き出す。システムにはシステムで対抗、坂柳理事長に連絡を取り、1年Aクラス担任の真嶋、茶柱と秘密裏に接触、交渉を試みる。一方で綾小路の偽の姿について疑念を持つクラスメイトも現れていた。好奇心と願望の下、1年Cクラス松下千秋が綾小路の追跡を始める。そして1年という月日は生徒同士の関係を大きく進展させるには十分な期間で――。新たな学園黙示録、1年生編完結!

ようこそ実力至上主義の教室へ11.5 (MF文庫J)口コミレビュー

学年が変わるとあって多くのキャラの心情が吐露されていますが、特に女性陣が多く描かれています。清隆の一人称でなければ、もっと深く心模様が窺えたのでしょうか。久々登場の松下さん。初出はたしか1巻で済んでいたと思いましたが、メインキャラ昇格のようです? 大人な美人イラストに驚きです。ひより。いつもドキドキさせてくれます。出番少ないですが、今後の関わり方、気になります。鈴音。本当に変化、成長がおもしろい。この1年でかわいく思えてきました。清隆との関わり方にも変化が生じるかも。別れの学も最後はキメてきました。帆波。2学年、前向いて突き進んでいけるのか。信じるままやり切ってほしいです。恋に恋する女の子に陥らないか心配ですが。神崎の動きも今後…。恵。清隆自身の学習・成長のための道具で終わってしまうのかどうか。彼女の人間的変化・成長も見てみたいです。彼は四方八方に戦いが待ってます。啓誠。クラス運営の中心メンバー間違いなし? 綾小路グループの動向も変化が欲しいです。特に波瑠加。彼女も初出は1巻でしたが、いまだ目立った動きがありません。洋介。どこに身を置くのか。今までとは動きが変わりそうな予感。次巻も楽しみで仕方ありません。特に清隆に纏わる女性陣らの心境、動向が気になって気になって落ち着きません笑 進級後の個々の決意、すぐに訪れる?特別試験、そして清隆の退学危機。期待盛り沢山。安定の4ヶ月、待ち遠しいです。

ややマンネリ気味というか停滞がちだった話が大きく動く巻。堀北兄の卒業という一大イベント兼時の経過を感じさせる展開に、それぞれのキャラの生長・葛藤・迷いが描かれ、各キャラの掘り下げがいちだんと進んできて興味深い。また、綾小路が徐々に自分の実力を明らかにしていきAクラスを目指すことを宣言する重要な巻。一方で学生らしい恋愛模様に発展するようなイベントもチラホラ。そんなキッカケを起こしておきながら、綾小路の選択と表情が怖い。ホワイトルーム出身は優秀であっても大半が精神的に壊れる的会話があったが、綾小路のコレが一種の異常性を示したモノなのか、これこそが正しく完成形なのかいまいち判断に苦しむ。大人の狂った教育の成果かもしれないが。と同時に、先行きが非常に気になり、今後の展開に期待が膨らむ。この巻で出番の無かった佐倉や櫛田は…とくに後者はモブではないが…今後間違ってもヒロインになれることはないんだろうな。後者が退学に追い込まれるのか、内包したままAクラスまで到達できるのか、それもまた興味の尽きないところだ。何にせよ、箸休めの巻かと思っていたが、いい意味で大幅に期待を裏切られた。これはまだまだいけるシリーズやで~!

 一年という大きな区切りを迎えて、軽井沢とついに一歩踏み込んだ関係になったのに、軽井沢にとって目出度くはない。 最後の挿絵の綾小路の表情もですが、そこに至るまでがそう思わせる。 傷心でボロボロの一之瀬の弱みに付け込まず、どこまでも紳士的に背中を押して立ちなおさせた。一年の区切りをつけて、こういっては何だけどキープしている。 兄との別れのため堀北に尽力して、笑顔で兄妹を分かれさせただけでなく。泣かせてあげてただそこにいてあげた。泣く弱さを肯定して受け入れることが、堀北のような少女にとってどれほどありがたく助かることか。 椎名と当たり前のようにデートして今後とも当たり前のように付き合うつもり。 松下とも色々あった。ジョークとしても綾小路の容姿で突然あんなこと言われたら、流すにしても時間がかかる。 止めに「教科書」。 軽井沢を選んだのは、自分の裏を知っていて、パートナー足りうる能力があって、容姿も満足できるから選んだとしか思えない。 軽井沢が満足して、成長しなければそこで用済みでしょう。  そんな、エゴを幼少から抑え込まれ理でしか考えることができず、鉄面皮の下であがいて「人間」になろうとするかさえ迷う綾小路は魅力的です。 あと、個人的にこの巻のヒロインは、龍園と平田だと思う。

アニメを見て面白かったので1巻から11巻までまとめ買いをしました。大変面白かったので、11、5巻も買ってしまいました。今までラノベはライトノベル(LIGHT NOVEL軽い小説の意)とやや低い先入観を持っていましたが、生まれて初めて読んでみて大変面白く、ラノベ恐るべしと言うのが偽らざる心境です。11、5巻にしたのは春休みだからでしょう。過去も夏休みは4、5巻、冬休みは7、5巻にしています。作者は実力至上主義の教室へと言う題をつけているので、学校外のことだから0、5巻にしたのもうなずけます。さてこの巻では堀北妹と堀北兄が和解して兄が卒業していきます。堀北妹はこの1年大変成長して、兄の後ばかり追うのではなく自分は自分だと気が付き髪も切り前向きに自分の生き方をする決心をします。綾小路は聡明な文学少女椎名ひよりとデートし、また龍園に負けた傷心の一ノ瀬を助けます。さらに綾小路に興味を持った人妻風美少女松下に追跡され接点を持ちます。最後、ヤンキーギャル風美少女軽井沢 恵に交際を申し込み恋人同士になります。また新学期にホワイトルームから一人刺客が送り込まれてきます。風雲急を告げる、次巻も期待できそうです。綾小路は勉強、運動ずば抜けたスペックでモテモテで羨ましい限りです。多くの美女が群がりさながら綾小路ハーレムと呼べそうです。彼の身長が気になっていたのですが、この巻で明らかになりました。高校入学前が176センチとあって恵が身長伸びたんじゃないと言っているので、数センチ伸びたと仮定して現在180センチ前後か、大きい方だわ。彼はあれも大きく、龍園も全くかなわない。ラスプーチン並みか、益々モテるな。綾小路は恵を教科書に例えているが、読み終えたとき役目を終えることになるが、それともそうじゃない未来が待っているのだろうかとあるので別れるかどうかは分からない。恵は宿主に寄生して生きているがそのままでは駄目だと綾小路は分かっている。考えてみると全く荒唐無稽なつくり話であるが、面白くて感情移入が出来て楽しめれば勝ちと言えるのは間違いないと思います。

挿し絵にもなるほどの気になったポイント。敵対したり緊張したりしている中でアレするのって示威行為なんだろうか?アレしているときは動きも制限され、弱点さらしているわけで、愚かな行為にしかみえないのだけど。ある意味「俺ならもっとうまくやれる」という人間と、そうでない稚気の残る人間との差でもえがいているのかねぇという気持ちになりました。二年生編にむけての準備のための回という感じで、ほぼ綾小路の視点で語られています。綾小路さんは、男友達ではなく、女性とばかり関わって、はたからみたら単なるスケコマシだなぁと思ったり。かなり綾小路普段わかりにくい本音がわかる回で興味深かったです。あと南雲先輩が出番は少ないもののキモい。女性キャラとの関わりが多い中で、それぞれの一年生を経ての成長がわかる回で、総括のような回でした。そのため大きな事件と言えるものがなく、淡々としていて、物語としてはあまり面白くはなかったです。シリーズとしてはラスト展開など興味深かったですけどね。それと綾小路は小細工しすぎで、恋愛経験あまりない依存心が実は強いタイプだからいいけど、ひとによってはそういう小細工は怒りの対象になり、破局もあるから気をつけろよと思ってしまいました。そして、もう発表されているので問題なしですが、二年生編はホワイトルームからの刺客がくるという話になるようで、どういう展開になるか興味深いですね。新入生160人が全て実は刺客で綾小路を罠にはめる!・・・なんてどっかの思わず壁に本をぶつけたくなったどこぞのミステリーみたいな展開はないでしょうが、奇策の応酬を期待してしまいます。

1年生最後の締めの巻。登場した様々な人物の視点での春休みが語られていきます。少し意外だったのが松下さんというクラスメイトの視点。最初誰だったけなっていうくらい忘れてましたけどwそしてどうやら神埼も動き出すようです。イラスト的にはもっと強者だろ感がすごかった彼ですが、ようやくフォーカスされるみたいです。(ただ龍園には勝てないだろうなぁと思ってしまいますが……)軽井沢さんや一之瀬さんと清隆の関係もニヤニヤしてしまうところがありますが、1年後にどうなっているんだろうと怖い部分もあります。この学園で一年間過ごしたことで彼・彼女らは大なり小なり成長?し、2年生ではどういった活躍をしてくれるのか大変楽しみです。さらに清隆含め実力を隠していた人物たちも少しづつそれらを開放していくみたいなので新入生含め2年生編への期待がどんどん高まっていきました。次巻が待ち遠しいです。

ようこそ実力至上主義の教室へ11.5 (MF文庫J)画像

-エロマンガ

ようこそ実力至上主義の教室へ11.5 (MF文庫J)を見る

タイトルとURLをコピーしました