デスラバ(2) (週刊少年マガジンコミックス)

デスラバ(2) (週刊少年マガジンコミックス)

デスラバ(2) (週刊少年マガジンコミックス)内容

高校生・藤代康介が、拉致、監禁されたのは美少女だらけの監獄だった……!! 美少女達の狙いは集められた童貞達の貞操! なぜ彼女達は男達を誘惑するのか? なぜ童貞しかいないのか?? 謎だらけの中で、わかっていることは、「ヤッた男は銃殺される」らしいこと! 男の貞操と命を懸けた性戦、第2ラウンドが始まる━━!

デスラバ(2) (週刊少年マガジンコミックス)口コミレビュー

タイトルから、つまり「そういう漫画」なんだと思います。1巻ではかなりシリアスな雰囲気や世界観を見せていたためこの2巻で戸惑う人も多いかもしれませんが、シリアスギャグ路線です。客観的に見ると完全にコメディです。とはいえ作中の人物たちにとっては生死のかかった問題でありどのキャラも真剣で、だからこそ滑稽で面白い。じゃあギャグに舵を切ってエロは捨てたのか、というとそうでもありません。特に前半、添い寝パートは結構ギリギリなところがあります。最近はすぐ本番までいってしまう漫画も少なくないですが描写に制限がある一般漫画としてならこれぐらい焦れた展開の方がいいかも。1巻が楽しく読めた人なら一層面白く読めるはず。

1巻は謎が多く緊張感が張り詰めた感じだったのだが、2巻は何故か笑い要素を取り入れてきた。『朝食は焼肉と女体盛り』の希望が通り、本当に出てくるので、読んでいて1巻の緊張感はどこへいったのか。2巻は脱出より、男性の溜まる欲をどう解消するかに焦点を当てている感じ。これから脱出はどのように行っていくのか、まだ解決されず。童貞を捨てたらどうなるのかも未だに不明なままです。

普段はS気味の愛奈や蜜子がいざ乳首を責められると感じまくって声を出してしまうのが可愛い!蜜子が女体盛りで箸で乳首を摘まれたり、愛奈が誘惑の際、乳首を責められ逆にリードされたときなどのS気味の子が感じまくっている時の恥辱の表情にギャップ萌え。最高でした。

1巻は謎が謎を呼ぶって感じでしたが、とにかく童貞を守らなければいけないって目的がハッキリしたらいっきにギャグ寄りになりましたね。

流行っていたので一気に2巻まで買いました。性癖に刺さりませんでした

女体盛り(詳しくはマガポケか単行本読んでね)のくだりが面白すぎてクソ笑える。タイトルにも書いてある通り、大人向けギャグ漫画として見るのが今のところは一番いいかも。後々、結構壮大なストーリーが繰り広げられそうだから一応その期待も込めて高評価で〜

デスラバ(2) (週刊少年マガジンコミックス)画像

-エロマンガ

デスラバ(2) (週刊少年マガジンコミックス)を見る

タイトルとURLをコピーしました