終末のハーレム セミカラー版 9 (ジャンプコミックスDIGITAL)

終末のハーレム セミカラー版 9 (ジャンプコミックスDIGITAL)

終末のハーレム セミカラー版 9 (ジャンプコミックスDIGITAL)内容

【デジタル版限定! デジタル着色により“メイティングシーン”のみフルカラー!!】女達の企みにより、極限状態の体となった善。その善を中心に女達が集い、肉欲の限りを尽くすイザナミの村の“聖なる夜”が始まる!! その頃、UW日本支部では恭司サイドの玲奈と翔太が密会し権力争いが新たな動きを見せ始める。一方、香港に着いた怜人一行にアクシデントが発生し!?

終末のハーレム セミカラー版 9 (ジャンプコミックスDIGITAL)口コミレビュー

ここまでこのマンガを見ている人なら、その作画がどれほど優れているかはよくご存じかと。だから、その作画の素晴らしさをあえて語ることはしない。ここではその作画のよさを完璧にぶっ潰している、原作の話をする。とりあえずこの作品を買う人のほとんどはカワイイ女の子とのやらしいシチュエーションを期待しているのだと思う。もっと突っ込めば『男が少ない世界で女の子側から迫られるという美味しい体験を見たい』というのがコンセプトのはず。だというのに、この作品はやたら高尚ぶってMKウイルスだの国連だのイザナギだのなんだのとノイズの情報を突っ込みまくる。そして巻を追うごとにその『美味しいシチュエーション』から遠ざかっていき、原作担当が考えたのであろうご大層な設定(聞いてもない)を細々語ってくれる。そしてこの第九巻では監禁されていた善が何かしらのクスリを飲まされ、我を失った性豪と化すのだが・・・。まあ何かカッコイイ言葉遣いをしながら、女を抱き倒す善。だがこの言葉遣いはどこからきたのかとか、このクスリの深い部分についてだとか、その突拍子もないアイテムは伏線なしにいきなり登場だとか、まるでリアリティもなく、こちらの没入感をがっつりと下げてくる。話が進む毎にコンセプトから離れ、独りよがりになっていくこの作品の行く末は暗い。センスがあったのは『この女だらけの世界で、男との子を孕むために女があの手この手で籠絡を企んでくる』という設定部分だけ。何にせよ今回の話はまるで面白くもなく期待外れ。先々のことも考え、読者の皆様にはこの9巻は購入しないことをオススメさせていただく。

Web連載とはいえ少年誌でこれだけエッチしまくる展開はすごいが、初期と違って毎回ヤりまくることが少なくなってきたような気がする。

男達がみんな性格、役割が違い、エロはしっかりおさえつつもそれぞれ異なるストーリー展開があるのがマンネリしない理由だと思います。ただ、ハーレムでヤるだけだったら女の子達の個性が極限まで薄まり見た目だけの存在になり、ここまで続くまでに高確率でただの萌えエロ漫画になりマンネリするでしょう。主軸のストーリーがあるからこそキャラ達がここまで生き生きしているのです。特にカレンちゃんの暴れっぷりは注目してます。

黒化になるどいくん!彼を癒するゆず先生はいつ出ますか?みたいみたいゆず先生

内容がちょっと過激なような(笑) ストーリーは楽しいです。

教祖さまが誕生する話がありますがこれで完結したのでしょうか?番外編として考えれば、これはこれで良いかと。

終末のハーレム セミカラー版 9 (ジャンプコミックスDIGITAL)画像

-エロマンガ

終末のハーレム セミカラー版 9 (ジャンプコミックスDIGITAL)を見る

タイトルとURLをコピーしました