線一本からはじめる伝わる絵の描き方 ロジカルデッサンの技法

線一本からはじめる伝わる絵の描き方 ロジカルデッサンの技法

線一本からはじめる伝わる絵の描き方 ロジカルデッサンの技法内容

「まったく絵心がない人でも必ず絵が描けるようになる」ことを目指した、まったく新しいデッサンの教科書です。 この本は、「絵を描くロジックを知る」というアプローチで絵の描き方を学ぶ、まったく新しいデッサンの教科書です。超初心者から学びなおしたい経験者まで、幅広い題材で楽しくデッサン力を磨けます。 「デッサン」と聞くと、しっかりと細部まで描き込まれた写実画というイメージが湧くかもしれません。しかし本書は、写実的に描くことよりも、形や特徴をとらえた「伝わる絵」がさらっと描けるようになることを目的としています。 そのため、いきなり写実画だとハードルが高い人や、基礎をしっかりと学びたい人、そして絵に苦手意識がある人でも取り組みやすい内容になっています。 ■本書はこんな人におすすめ ・絵に自信がない人 ・デッサンの基礎力を身につけたい人 ・デザイナーやプランナーなど人前で絵を描く機会がある人 ・美大の受験を目指す人 ・マンガ家やイラストレーターを目指す人 ■本書で絵の描き方を学ぶとこんな力が身につきます ・頭の中のイメージを具体的な形にする構想力 ・ものごとの特徴をとらえる観察力 ・必要な情報を取捨選択する情報収集力 ・要点をつかんで伝える伝達力

線一本からはじめる伝わる絵の描き方 ロジカルデッサンの技法口コミレビュー

絵の描き方を初歩から、文字通りペンの持ち方から教えてくれる本。絵の描き方本はある程度なんか自然に描けるようになってた人向け?って感じだったり、学生時代に美術で多少やっただろう部分は省いてあるのかな?って感じだったりで、なんかこうホントの初歩からわかりやすく書いてある本は実は結構少ない気がします。この本はそんな中でちゃんと初歩から教えてくれてとてもわかり易い本です。内容はペンの持ち方、線の引き方や練習法からスタートして、簡単な落書きから徐々に章をかさねる毎にレベルを上げていく形で描かけるように導いてくれる本です。説明も理論立ててわかり易くされていて、できそうな課題を徐々にレベルアップしていく感じなので焦らずコツコツこの本のとおりに練習すればパッと書いて相手に正しく伝わるくらいの絵はすぐかけるようになると思います!後半は結構本格的なデッサンの仕方とかも載っているので結構なトコまでこれ一冊で勉強できそうです。絵の描き方本の最初の一冊には特にいい本だと思います。大人になってから趣味で絵を始めてみたいもののどうしたらいいかわからない方あと子供の頃は絵とか描くの楽しかったのにいつの間にか苦手意識がついて楽しくなくなってしまった方におすすめしたいです。特に後者で絵を描けるようになりたい、ちょこっとでもうまくなれたらなってひとはこれ読んでみてほしい。私も割とそのタイプだったのですがもっと早く出会いたかったなーって思うくらいいい本でした。

ネットで興味があり新たな考え方が書いてあるかと買いましたが得るところはなしでした。初心者向けです。

この本に書かれていることを、なぞるように描いたら、絵が全く描けない僕でも描けるようになってきました。 難しく考えずにシンプルに描けばいいと分かったら、絵を描くのが楽しくなってくるでしょう。

下手でもいいから何か絵を書いてみたいと思い購入しました。気づくと本のイラストをみながら夢中で白紙に絵を書いてしまいました。絵を描くのが楽しくなる、そんな本です。

ロジカルに積み重ねて行き、「表現ほ幅を広げよう」でカラヴァッジョの「聖マタイの召命」の模写を挙げている。このあたりの上を垣間見せてくれるありかたは好ましかった。非美術系初心者からみれば、無限遠点としてのカラヴァッジョであっても写して見ようと思わせるのは楽しい。

絵は下手くそで、系統的に絵を学んだこともありません。それでも、上手い絵をみると羨ましく思いますし、自分もそんな絵が描けたらなあ、と常々思っていました。プロになる気はないけど、今よりもうちょっと絵が上手くなりたい。そんな絵心に欠ける人にぴったりな本です。モノの特徴をどのようにとらえるか、観察するポイントをしっかりと指南してくれます。漫画家みたいな凄い絵が描けるようになるわけではありません。ですが、何を描きたいのか、しっかりと伝わる絵がかけるように教えてくれます。

線一本からはじめる伝わる絵の描き方 ロジカルデッサンの技法画像

-エロマンガ

線一本からはじめる伝わる絵の描き方 ロジカルデッサンの技法を見る

タイトルとURLをコピーしました