影ノ兎―カゲノウサギ―(単話)

影ノ兎―カゲノウサギ―(単話)

妖と戦う●い少女が破れ壊される時――。●い頃鬼に攫われ行方知れずとなった妹を助け出すため、兎の力を身に纏い鬼と戦う少女あかり。ある闇夜に鬼と仕留めんと刀を振るったあかりだったが、何倍もの体躯の鬼に強烈な腹パンを食らい倒れてしまう。兎の力で意識を保っていたあかりだったが、残忍な鬼によって強●イラマチオをされ胃に注がれた精液に嗚咽、恐怖のあまり失禁してしまう。鬼はあかりの●●マンコを破壊する勢いのペニスで刺し貫き、腹ボコになる彼女の中に大量の精液を叩きつけながら陵●の限り彼女を破壊してゆく、段々と変身も解け膨らんだ胎に溜まっていく精液を感じながら、彼女の意識は途絶えてゆき――。

影ノ兎―カゲノウサギ―(単話)画像

影ノ兎―カゲノウサギ―(単話)

影ノ兎―カゲノウサギ―(単話)口コミ評価

影ノ兎―カゲノウサギ―(単話)はこちら

影ノ兎―カゲノウサギ―(単話)

コメント

タイトルとURLをコピーしました