GIGANT (7) (ビッグコミックススペシャル)

GIGANT (7) (ビッグコミックススペシャル)

GIGANT (7) (ビッグコミックススペシャル)内容

衝撃的事実が!そして遂にサタンが東京へ! パピコ、零、サタン、そして未来人たち…ついに東京で混じり合う彼らと、そして世界の運命は!?零との関係が世間に知れ、そのことをきっかけに2年間の距離をおくことになったパピコ。そんな彼女のもとに、ついに未来人たちが現れる。サタンが迫る中、パピコたちが選ぶ決断は…そして、思いがけない驚愕の事実が明らかになる!!絶対に目の離せない最新集!!! 【編集担当からのおすすめ情報】 常に時代の一歩先を歩く表現者・奥浩哉が贈る最新式ボーイ・ミーツ・ガール、待望の最新集!人類の悪意が生み出した最恐の敵ともいえるサタンの登場でますます増してゆく物語スケールは、まさに「ひとりハリウッド」状態! ほかの漫画では絶対に味わうことのできないスケール感を、ここで、是非お楽しみください!!!

GIGANT (7) (ビッグコミックススペシャル)口コミレビュー

いやあ、面白くなってきました。作者氏が言うにはね、GANTZの印税がバカスカ入金されるそうなんですよ。今現在も。クッソうらやmともあれ、金に困ってない、と。だから、好きなことを描けるそうなんです。よかったわ俺GANTZ買ってて。これ読めるんだもん。

1巻から購入して読んでいます。発売日を楽しみにしていて、やっと7巻が発売されて楽しく、かつ興奮しながら読ませて頂きました。奥浩哉先生の作品は、1話1話丁寧に描写されており、決して台詞の多い漫画ではないのですが、世界観に引き込まれます。漫画を描いたことの無い素人でも、街中の人をたくさん描く大変さや東京の街を両面で描くことの大変さが伝わる絵の美し作品です。未来から来た4人組の正体が明らかになるのと、パピコに新たな展開が起こる7巻。サタンが東京に近くに辺り、異常行動を起こす街の住人にパニックが再び起こります。平和だった巻が無いので、手に汗握って読む作品。いつも最後のページに次回はいつ頃発売か記載されているのですが、今回無かったので、首を長くして次の巻の話を楽しみに待ちたいと思います。

この巻でなぜ地球が攻められているのか、ETEがなんなのかが明かされます。かなり壮大なSF設定ですが、今までのストーリーとの矛盾はないですし、ランドセルの集団の存在ともうまく絡みつつもちゃんとわかりやすい、良い設定だと思います。206ページもあるのに、すぐ終わってしまってもどかしい。未来に行ったもちが今後どう絡むのか、サタンとの戦闘の行く末は…。ランドセル集団、死亡フラグビンビンだったけど生きてくれるだろうか。。

今までの設定が明らかになる巻です。パピコの謎の能力。未来人たちが現代に来た理由。彼らの使命等々。でも意外に思うところもなく、まぁそうだろうなぁというのが個人的感想です。話が大きく展開しましたが、予想を超えるところも少なかった印象です。キャラの面白さで、ここまで読んできましたが、予想を超える収束を期待しています。

今や新感覚世代マンガ家も色々出てきて時代遅れ感が出てきましたねえ変やガンツ見た時は変わった作者さんだなあと思ったもんですが、もう過去作の焼き直しやらで見るべきものもなく枯れちゃった感じですねえ

物語が加速した、と思った。設定そのものは、どこかの映画でみた感じがする。が、面白い!!続きが気になる。

GIGANT (7) (ビッグコミックススペシャル)画像

-エロマンガ

GIGANT (7) (ビッグコミックススペシャル)を見る

タイトルとURLをコピーしました