やがて君になる(8) (電撃コミックスNEXT)

やがて君になる(8) (電撃コミックスNEXT)

やがて君になる(8) (電撃コミックスNEXT)内容

好きを知らない少女たちの恋物語、最終巻。TVアニメ化・舞台化の大ヒット恋愛作品『やがて君になる』完結巻。恋を知らない少女が出会った恋物語。その行方は――。

やがて君になる(8) (電撃コミックスNEXT)口コミレビュー

でもアニメから見てどっぷりつかってしまった。そんなシリーズの最終巻、単行本派なので7巻の最後の告知からずっと今日まで待ち続けた。 ストーリーの大きな山場は7巻からの続きの8巻の最初の方でお互いの好きの確認からの流れで終わっていると思う。でもそこから今までの波乱からの揺り戻しので糖分過多ともいえるべき甘い展開だった。それにしても最初は好きがわからないという侑から「一人の頃より今の方が寂しい」なんて言葉が飛び出したことにちょっと感動すら覚えた。 作品そのものの出来もよかったうえに、最後も綺麗にまとめてて文句なしの星10くらい進呈したい。感無量すぎてしばらくこの余韻に浸って楽しめそう。

最後の最後まで素晴らしかったです。読み終えるのに1時間以上かかってしまうほど濃密な最終巻でした。2人で作り上げてきた思い出たちはいつまでも輝いていて。今のそしてこれからの2人を後ろから照らし導いてくれていて。過去は過去であると同時に現在でもあって未来でもあって。それを『船路』で表現したのがもう素敵で素敵で。(語彙が残念)最終話は物語の集大成として完璧すぎて涙を流しながら読んでました。本当に良かった。百合というジャンルの作品は今まで全く触れてこなかったような人間ですが「やがて君になる」は本当に素晴らしい作品でした。星5なんかじゃ全然足りないです。「人を好きになるとはどういうことか。」という普遍的なテーマを新鮮かつ丁寧なストーリーで魅せてくれて、百合初心者(そんな括りがあるのか知らんけど)の自分でもとても読みやすい内容でめちゃめちゃ面白かったです。イメージしていた百合とはいい意味で違っていて。誰かが誰かを好きになってそれが女の子同士だっただけというか、何というかもう、同性愛とか異性愛とかそんなの関係なくて。上手くまとめられませんが、とにかく最高の漫画でした。ストーリーとか絵柄だけでなく、言葉も表情も演出もどれもが素敵でした。今まで読んできた恋愛漫画の中で一番好きかもしれません。あとこの作品、背表紙とか帯とか中身以外の部分も色々すごくて。フィジカルかつ帯付きで集めてて良かったなぁと心から思いました。「やがて君になる」に与えてもらった感動はいつまでも心の中で輝き続けると思います。一生忘れられない作品に出逢うことができました。仲谷先生、4年半の連載お疲れ様でした。本当にありがとうございました。「やがて君になる」に出逢えて本当に良かったです。

 素晴らしい作品をありがとうございましたという一言しかないのですが、44話のあれ。あれは、数年前なら一般誌で出来たか分からないと思うのです。もっとぼかした描写になっていたのではないでしょうか。 いまのこの時代に、この作品が出てきてくれてよかった。表現規制は厳しくなったり緩んだりを周期的に繰り返すものですので、数年後にこの表現が一般誌で可能という保証はないのです。 全編通してみると、展開におよそ無駄が一切なく、完璧といっていい物語だと思います。装丁などでも既存の作品と一線を画した試みをしており、百合漫画全体に与えた影響は多大だとも思っています。 文字どおりの傑作でした。いくらでも引き伸ばすことはできただろうに、あえて8巻で完結させた仲谷先生と編集者さまには感謝しかありません。

アニメを見て絵柄、言葉、キャラクター、ストーリーに一目惚れしてからずっと追いかけてきましたが、ようやく完結ということで作者様にはありがとうお疲れさまという気持ちで一杯です。はらはらドキドキして読んできましたが、ようやく落ち着きました。まっすぐで純粋な登場人物たちがみんな好きです。。。(唐突)侑と燈子、変わっていく二人の間に変わらない気持ち。美しさと特別が私の脳内で溢れかえっています。素敵な作品をありがとう。

完結、おめでとうございます&お疲れさまでした拗らせた難しい二人の関係をよくぞ描き切ってくださいましたしかもハッピーエンドで!(最重要)感無量の満点です。一切の蛇足もなく、きっちり綺麗に収めてくれましたこの巻では、二人の想いが早々に通じ合うけど、その後お互いどこまでいっていいのか分からず足踏みしている初心な二人を拝めます。く”は”っ(吐血)でも最終的にはやることやります。ガチ百合ものの特権です…乳首は見えるか、だと…?馬鹿者ッ!それを見ていいのは小糸ちゃんだけだ!(見えません)そして最後のページ…!もうこの先我々(読者)が見守らなくとも、彼女たちは末永く人生を共にするだろう…と思わせてくれる安心感がありました。こうゆうのホントありがたいです…百合を匂わせる程度の作品では決して得られない、ガチ百合だからこそ味わえる、公式に保証された「揺るぐことのない確定カプ!」百合を求める者にとって、これほど心強いものもありません本当にありがとうございました。もしあるなら、次回作も期待しております!

最初にいきなり急展開を持ってきたのち、もう安心して見られる土台を作ったと思ったら、急にそれを崩して再びの急展開からの変化が起こり、おいおいこれはもんじゃ焼きのように土手を作って生地を流し込んだのち崩して食べるかのようだなと思いました。そして最後はそんな急展開や変化も過去のものとなり日常となるわけですが、その日常が今までのストーリーを踏まえるととても愛おしく本当に良かったなあと思いました。カラー部分の使い方も良いですし、その後に差し込まれる最後の挿絵もそれは今の物なのかそれともより進んだ後の物なのかということを考えられるものになっていると思いました。意図した余白が44話と45話の間と45話の後にあって、ここは読者がいろいろと妄想できるところだなあと感じました。完結後もいろいろ展開があるということで、しばらくはまだ忙しそうですが、美味しいものを食べたりゲームなとで息抜きしつつ、また次の作品を作っていってくれたら幸いだなという気持ちです。この作品に出会えて良かったです。

やがて君になる(8) (電撃コミックスNEXT)画像

-エロマンガ

やがて君になる(8) (電撃コミックスNEXT)を見る

タイトルとURLをコピーしました