グレイプニル(9) (ヤンマガKCスペシャル)

グレイプニル(9) (ヤンマガKCスペシャル)

グレイプニル(9) (ヤンマガKCスペシャル)内容

怪物と化したほのかは、人間を次々と消し去り世界を滅びへと誘う「虚無」そのものだった…。彼女は誰にも止められないのか? 修一は再び吉岡と一体化し、失われた過去の記憶を探ることに! 命がけのコイン争奪変身バトル、いよいよ核心へ!!

グレイプニル(9) (ヤンマガKCスペシャル)口コミレビュー

好きな作品なんだが、時系列って何だってくらい前後するので正直訳分からん。もう少しまとめないと読者着いて来れない。とか書いててくだらないこと思いついたけどグレイプニルでスピンオフが見たい。道満さんみたいなブラックさとコミカルさで4コマか2P区切りくらいのを。ほのかとかクレアは間違いなくボケキャラで映える

少し中だるみ気味の今巻。物語の核心に近づいているようで、触りの部分を浅くなぞったような感じで、進みがにぶくなっているように思います。また、やたら登場人物が泣いています。こちらの感情が入りきっていない状態、頻度で泣かれてしまうと、「また泣いている」と感じてしまい、余計に感情移入ができなくなってしまいます。

真の姿に覚醒した修一は、消された記憶を思い出していく。修一、エレナの過去を知ることで、物語全体の厚みが増したように感じた。続きが待ち遠しい。

つまらなくなってきた。絵もなんか変、黒い線が毎ページにある。わけわからん

はまりました。

修一と仲間たちが過去の真実に迫ります。あっと驚く緊迫のバトルがはじまりますが・・・。あれ、この内容だと、これまでのお話と整合性とるのが大変そうなんだけど・・・。次の展開が少し心配になりました。

グレイプニル(9) (ヤンマガKCスペシャル)画像

-エロマンガ

グレイプニル(9) (ヤンマガKCスペシャル)を見る

タイトルとURLをコピーしました